“世界で戦える組織作りが
私の重要なミッションです。”

中途入社
R&D本部/VP of Engineering
柴戸 純也

明治大学理工学部卒業。大手IT企業を経て、ITベンチャーの執行役員としてWebサービス・アプリの開発に従事。
2016年4月ジーニーへ入社。

2016年4月ジーニーへ入社。

これまでどんな仕事をしていましたか?


前職は、システム構築等を行うベンチャーで、プログラマーから始まり、執行役員として事業の統括や執筆等に従事しました。

具体的には、SI、自社サービスの運営、運用、CS、ニアショア等に加え、画像処理など産学連携での研究や本の執筆や雑誌への寄稿、コーチングなども幅広く行っていました。開発は、内製以外にも、ニアショアやオフショアも活用していました。

当時は、事業の責任を負っていたので数字面などのプレッシャーありましたが、人にも恵まれ、とても充実していました。不満があれば自分で解消すべき立場でしたし、どうすればできるかなど物事をプラスで捉える思考や生き抜く力が鍛えられました。また、3名のチーム開発から100名以上のプロジェクトまでを同時並行させるなど、様々な人やプロジェクトに関わることができました。

ジーニーを選んだ理由は?


前職では、売上も順調に伸び、気持ち良さを感じている自分がいました。チャレンジが減っているんじゃないか?と自分自身に変化の必要性を感じていました。

せっかくなら環境を変えて、難易度の高そうな道を選ぼうと決めました。

そんな時、ジーニーに出合いました。

アドテクノロジー領域のシステム開発は未経験でしたし、成長性や技術力の高さからチャレンジできる環境だと直感しました。

面接で、工藤さんを始め皆さんが本気で世界No.1獲るぞ!と言っていて、ワクワクしました。

あまりそういう会社ってないですよね。

ジーニーではどんな仕事をしていますか?


2016年7月に提供を開始した、マーケティングオートメーション「MAJIN」の新規開発と組織のマネジメントから始めて、現在はGenieeSSPGenieeDSPも担当しています。

R&D本部には、高いスキルを持った様々な人財がいます。事業の成長に負けない技術的成長を果たしているメンバーが多く、日々みんなから学んでいます。

事業のニーズと個々の成長を一体化させ共に成長ができるような、世界で戦える組織作りが私の重要なミッションです。

対象とする市場が増え、プロダクトやチームごとに外部環境や不確実性、フェーズ、必要な役割などの内部状況も異なります。

環境に適合すべく各部や各チームのミッションに合わせ活動効率を高めるための「分化」と、バラバラにならないように相乗効果を出すための「統合」を推進しています。

今後、どんな仕事にチャレンジしていきたいですか?


・良いもの、自分たちが誇れるものをつくる

・事業と人がどんどん成長する培養器のような組織にする

・アジアを代表するテックカンパニーになる

この3つです。

これらは技術と組織の両軸で作っていく必要があると思っています。組織は戦略などの影響を受けるなど、完璧な組織、組織の完成というものは一生ないと思っています。先を見据えながらその時その時のベストなアウトプットを出し続ける組織にしていきたいです。

しっかりとした自由と規律を保ち、エンジニアが最高のパフォーマンスを出せるために万事を尽くしていきたいと思います。

ズバリ!ジーニーで活躍できる人とは?


「変化を楽しめる人」ですね。

私たちを取り巻く外部環境は変化が激しいため、必死に編み出したやり方や過去に成功したやり方が、すぐに通用しなくなります。そんな時「じゃ、別のやり方を考えてみよっか」とすぐに切り返しができる柔軟性のある人が合うと思います。

その他にも、いろんな人が活躍できると思います。開発の場合は、CSやテスター、エンジニア、新人、先輩、部長、マルチロール、フルスタック、専業、尖った人、バランスのとれた人・・・などいろんな特徴、価値、役割、関係があります。

これらは上下ではなく、全てチームに必要な「ロール」や違いとして認め合っています。その中で、1人ひとりが輝ける場所を見出して、互いに学び合えると良いと思います。

Back to top