2020.02.25 / ビジネス戦略 

人生は初期設定より軌道修正こそ重要!
ベストセラー書籍から読み解くよりよい人生

Pocket

「人生100年時代」と言って先のことを考えるよりも、まずは、毎日の充実が大切。スイスのベストセラー作家、ロルフ・ドベリによる著書『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』では、よりよい人生を送るためのヒントが紹介されています。あなたの人生を好転させる考え方をご紹介します。

日本人の平均寿命は延び続け、政府も「人生100年時代」を見据えた経済社会システムを創り上げようとしています。その一方で、いつ突然終わるか分からないのも人生。いずれにしても、よりよい人生を送りたいものです。

脂ののった社会人であれば、転職や起業、学び直しを考えている方、副業などで少しでも年収を増やしたいと考えている方など様々な方がいると思います。ただ、“もっと充実した日々を送り、人生をより良くしたい”という気持ちは共通しているのではないでしょうか。

スイスのベストセラー作家、ロルフ・ドベリによる著書『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』から、そのヒントを探してみましょう。

飛行機が予定ルートを飛ぶ確率は「0%」

『Think clearly』は、ドイツで25万部を突破し、世界29か国で翻訳されたベストセラー書籍。ドベリ氏は1966年生まれの作家で実業家、パイロットという肩書もあります。そんな人生の成功者ともいえる人物が唱えるのは、古代の伝統的な考え方から、心理学、行動経済学、哲学など、膨大な研究結果から導き出した思考法です。

「考えるより、行動しよう」「自分の感情に従うのはやめよう」「本当に価値のあるものを見きわめよう」など、52章から成る“思考の道具箱”は、シンプルかつ説得力があります。「欲張らずに、自らのペース、己のポリシーをしっかり持って生きよう」という本書で一貫して語られるメッセージは、改めて自分の今の生き方を考えさせてくれます。

世の中の変化のスピードに合わせて、経営やビジネススタイルも変化させていかなければならない現代。ビジネスパーソンの方に特に注目してほしいのが、第2章の「なんでも柔軟に修正しよう」です。

〈私たちは、せめて最適な前提条件をそろえておこうと「最初の設定づくり」に精を出す。職業教育も、キャリアも、恋人や家族との生活も、すべてにおいて最初に完璧な条件を整えたがる。(中略)だが、あなたも知ってのとおり、物事がうまく運ぶことなどほとんどない。それなのに、私たちは浅はかにも、晴天の空を飛びつづけるパイロットのようにふるまっている。最初の条件ばかりを重視し、修正の意義を軽んじすぎている。〉
(同書)

同書によると、驚くべきことに、完璧な計画を組んでいるであろう飛行機ですら、予定ルートを飛ぶ確率は「0%」なのだとか。悪天候などに左右されながらも無事に目的地に到着するパイロットのように、我々ビジネスパーソンも、様々な状況にも柔軟に対応できれば、人生を上手にコントロールできるはずなのです。

ビジネスは、「決断」「実行」の毎日。でも、計画段階では万全を期したつもりでも、想定外のことは必ず起こります。そこで意識したいのが「軌道修正」。

目標やゴールを明確にしてメンバーで共有し、進捗をリアルタイムで確認することで、途端に軌道修正がしやすくなります。これらを実現し、多くの企業が採用しているのがSFA/CRM。業務の無駄や見直すべきポイントを、データに基づいて提案するツールです。個々人で意識を高め続けるのには限界があります。テクノロジーを採用することで「やりっぱなし」「進捗の遅れ」「期待したほどの成果が出ない」「コストがかさんでしまった」を卒業してみませんか。

 

早いうちの軌道修正を

企業の営業活動における情報をスマートに管理できる営業支援(SFA)ツールの導入もその1つ。SFAツールは、顧客情報や営業活動、営業の働き方改善を両立させることも可能。商談の管理や顧客情報の共有など、営業にまつわる様々な業務を、効率化することができます。

取引先情報、案件進捗情報、名刺情報、売上予測、営業成果などはExcelで管理してきたけれど、引継ぎや社内での共有を考えると非効率。
そんな課題は認識していても、対応できていなかったという企業は少なくありません。早めの軌道修正がよりよい人生に繋がる。解決できる課題は早急に取り組んでみてはいかがでしょう。
SFAについて詳しくはこちら
SFA/CRMちきゅう

 

ビジネス戦略に関連する記事

新着記事

ページ上部へ戻る