“楽しみなのは、
MAJINのアジア展開ですね。
東南アジアでは、
そろそろMAの導入が
始まりつつあります。”

中途入社
マーケティングオートメーション事業本部/営業推進部/部長
中道 大輔

東京電機大学理工学部卒業。大手SIerでのエンジニア経験やIT関連企業での新規事業立ち上げ、インターネット広告事業のマネージャー等を経験。
2016年10月ジーニーへ入社。

2016年10月ジーニーへ入社。

これまでどんな仕事をしていましたか?


私のキャリアのスタートは、大手SIerのエンジニアでした。3年半程、顧客企業に常駐してシステム構築をしたり、新規事業立ち上げプロジェクトで営業やマーケティングのサポートをしたりしていました。当時、アパレル系の会社さんを担当していたのですが、常駐先のお客様の顔は見えてもエンドユーザーである店舗のお客様の顔が見えないことに、違和感があったというか、モチベーションを上げるのが難しかったこともあり、ユーザーの顔が見える仕事がしたいと思うようになりました。

そして、将来的に自分の店を持つのも面白いかなと思い、2年間限定と決めて、日中は契約社員で働き、夜は銀座でバーテンダーをやっていました。

その後、またIT系に戻り、BI(Business Intelligence)やアクセス解析、DSP・DMPといったマーケティング×データの領域に携わりました。エンジニアというよりは、ビジネスサイドで新規事業を立ち上げる方が楽しいと思えたので、まだ形になっていないプロダクトの営業に行ったり、事業戦略を立てたり、中計を策定したりしていました。

ジーニーを選んだ理由は?


大きく3つあります。 1つは、新規事業開発にモチベーションを感じていたのですが、大企業だとどうしても社内政治が大変で・・・。ベンチャーで自分の責任範囲で新しいチャレンジをしたいと思いました。ジーニーの場合、手を挙げればやらせてもらえる環境にあるし意思決定も早いので、新しいチャレンジをするには恵まれた環境だと思います。

2つ目は、前職でDMP(Data Management Platform)を扱っていたことから、その延長でMA(Marketing Automation)に興味があったからです。採用面接で、MAを始める予定であることを聞き、それなら!と思いました。

様々なベンダーがMAを出していますが、データホルダーでMAを取り扱っているのはジーニーくらいなんですよ。例えば、大手の有名なMAツールベンダーであっても、データホルダーではないので、ツールを入れた顧客企業のデータだけを分析して、シナリオ組んで、ターゲティングして、メール配信して広告配信していくわけです。

しかし、お客様のデータだけだとデータ量が少なく、どうしても分析精度が落ちてしまう場合が多いんです。一方、ジーニーの場合、GenieeSSPによる月間600億imp超のクッキーデータや媒体データに加え、データ連携先のデータを保有していることから、顧客企業により精度の高い分析効果を提供できるわけです。これって、かなり強みだと思いますよ。

3つ目は、海外展開をしていることです。私自身、海外旅行とかほとんど行かないので、行かざるを得ない環境に身を置こうと思いまして。海外でビジネスをしていないと、10年後ご飯食べていけないですよね。

ジーニーではどんな仕事をしていますか?


ジーニーのマーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」のプロダクトマネジメントと事業開発、営業推進を主幹しています。

MAJINは、2016年7月にリリースしたばかりの新規プロダクトなので、特にプロダクト企画に注力しています。

初期の立ち上げメンバーと、プロダクトの方向性をすり合わせながら、中期的なロードマップを作ったり、プロダクト強化のためのアライアンスを推進したり、営業企画管理を行ったり、幅広いですね。まだまだ課題はたくさんありますが、今後、どうビジネスをスケールさせていくか楽しみでもあります。

今後、どんな仕事にチャレンジしていきたいですか?


まずは、MAJINの国内シェアを上げること。そして、楽しみなのは、MAJINのアジア展開ですね。

東南アジアでは、そろそろMAの導入が始まりつつあります。良いタイミングで参入できると面白いんじゃないかなと思っています。

ズバリ!ジーニーで活躍できる人とは?


ジーニーは、若くてもチャンスがいくらでもあるので、推進力がある人は活躍できると思います。

日本発のプロダクトで、世界のベンダーと戦いたいという人は大歓迎ですね!是非、一緒に働きたいです。

Back to top