“これ以上ないというぐらい、
迷って、悩んで、苦しんだ末、
5月に改めてジーニーを
訪れることにしました。”

新卒入社
R&D 本部/プロダクト企画室/アドプラットフォーム企画グループ/マネージャー
川崎 俊介

一橋大学商学部卒業。新卒で大手総合商社へ入社するも、2か月で退職を決断。
2015年6月ジーニーへ入社。

2015年6月ジーニーへ入社。

就職活動では、どのような仕事を探していましたか?


正直なところ、軸のない就活をしていました。もちろん、いろんなことに興味はあったのですが、“結局、入社してみないと会社ってわからない” と考えていたので、こういうことをやりたい!と思えば思うほど、でも実際入ってみないと実現できるかわからないし・・・というジレンマに陥ってしまって。

結局、軸が定まらないまま典型的な就活生が憧れる総合商社や外資系メーカーを中心に受けて、内定をいただいたうちの1社へ入ることにしました。

そのときは、もちろんその会社でやるぞ!という気持ちがありました。でも、入社するまでの間、堀江貴文さんやスティーブ・ジョブズさん等、自分の意志で人生を切り拓いてきたいろんな起業家の本を読んでいるうちに、自分について改めて考えるようになったんです。

自分がやりたいのは、こういうことなんじゃないか、こういう働き方を自分もしてみたいんじゃないか。

そう考えると、本当に自分に向いているのは、知名度があって大手で周囲に憧れを持たれる会社ではなく、ベンチャーなんじゃないか。ITに興味があるんじゃないか。そう思った瞬間から、プログラミングの勉強などを始め、順番が逆だろという感じですが、内定承諾後からITの世界に没頭していきました。

ジーニーを選んだ理由は?


実は、就活中にジーニーも受けて、内定をいただいていたんです。いわゆる大手企業の面接をいくつも受けた中で、工藤社長との面接は最も印象的でした。

一瞬でスゴイ!この人にはかなわない!と、圧倒的な衝撃を受けたのを今でも覚えています。だからこそ1社目の会社に内定承諾をした後もずっと記憶に残っていて、何度か工藤社長とご飯に行かせていただくこともあり、その度に心が揺れていました。

結局僕は一歩を踏み出せずに1社目の会社へ入社することになるのですが、その後もずっと気になっていて、毎日を「自分のやりたいことは何か」と悶々としながら過ごしていました。

自分の人生の中で、あれだけ本気で自分に正直に向き合ったのは、初めての経験でした。これ以上ないというぐらい、迷って、悩んで、苦しんだ末、5月に改めてジーニーを訪れることにしました。内定を蹴り、インターンも少しさせてもらったり、ご飯にも連れて行っていただいたりした結果入社をしなかったので、すごく迷惑をかけてしまっていた自覚があったのですが、もはや開き直って工藤社長に会いに行ったんです。

すると、開口一番「いつでも何月でもジーニーに来ていいよ」と言って下さいました。ふっと今までの迷いが断ち切れた気がしたのとともに、すぐに「絶対ジーニーで成功する」という覚悟が生まれ、即、入社する決断をしました。今までうじうじと悩んでいたことが急に馬鹿らしくなり、逆に時間がもったいなく感じ始め、全速力で準備を進めました。

ジーニー入社初日は、自分の中で新しい人生の第一歩でした。

入社してからこれまで、どんな仕事に携わってきましたか?


初めは、GenieeSSPの事業責任者の下で、新しいプロダクトの事業開発に取り組みました。主担当は実質1人だったので、とにかくいろんな人を巻き込んで協力を得ながら仕事をしていく必要がありました。

「SSPの一部分」という括りのプロダクトではありましたが、一から新しい広告枠の開拓をしたり、連携先の事業者を集めたりする必要があったため、結果としてSSPビジネスの全体像を知るために役立つ経験でした。たくさん営業に同行させていただいたり、開発の方と連携したりしたおかげで、社内の色々な人と仲良くなることもできましたね。

その後、1つレベルが上がってSSP全体の事業担当になり、事業計画の立案から、それを達成するために何をすべきか戦略策定、目の前の課題対応、業務改善やフローづくりなど、事業推進にまつわることを幅広く行いました。

今年1月からは、R&D部門の中に新設されたプロダクト企画室へ移り、DSP、DMP含む全プロダクトを、海外拠点含めて担当するようになりました。

担当範囲が広がり、責任もどんどん重たくなっていますが、入社当初から常に経営視点で動ける立場にいられることは、すごく有り難いと思っています。

入社して良かったと思う瞬間は?


事業開発部門にいた時の自分のテーマは、人と一緒に仕事をする力、周囲をいかに巻き込むかといった、いわゆる人間力だったり、ファシリテーション力だったりを高めることに注力していました。でないと新卒社員の言っていることなんて聞いてもらえるわけもなかったので。

我が強い自分にはかなり難しいテーマではありましたが、昨年のベストジーニスト(社内の表彰制度で、ジーニーバリューを体現している人を全役職員が選出)に選んでいただけたことは、少しは成長できたのかなと自信になっています。

また、マネージャーとしては、自分自身が楽しくやらせていただいているので、とにかくメンバーにも楽しんでもらえるようにしたいと考えています。自分の強みを見つけてそれを発揮すれば結果も出て楽しくなる。そのために私ができるのは、メンバーの強みが活きるように補うということです。メンバーから学ぶこともすごく多いですね。

入社して自分のココが成長したと思うことは?


やはり、ベストジーニストをいただいたのが、入社して1番嬉しかったです。事業開発部門は営業ではないので、定量的な評価がしづらい節があります。そんな中で、自分が信じてやってきたこと、頑張ってきたことがズレてなかった、間違ってなかったんだと定性的に評価をしてもらえた、そう思えた瞬間でした。ベストジーニストでは、1人ひとりからコメントをいただけるのですが、この人にそんな風に思ってもらえていたんだと知ることもできて、涙が出るほど嬉しかったですね。

最後に、これからジーニーがさらに拡大して、いわゆる大企業になっていくと、普通にジーニーへ入ってくる人が増えると思います。でも、アドテク業界だからでもなく、伸びているベンチャーだからでもなく、ちゃんと「ジーニーで働こう」と決めて入ってくる人が増えてほしいな、と思うんです。そうやって、覚悟と信念を決めて入ってきた人なら、きっとジーニーで活躍できると思いますし、それだけあればみんなが応援してくれると思います。

Back to top