大切にしているのは、
お客様が結果を出せるように、
自分で考え、提案する営業スタイル。
お客様に信頼される営業力を磨き続けたい。

新規事業開発本部 
ソフトバンクシナジー事業部 事業開発グループ マネージャー
中牧 慎之介(なかまき しんのすけ)

早稲田大学法学部卒業。2014年4月ジーニーへ新卒で入社。インターンからアド・プラットフォーム事業の営業を経験。入社1年目でチームリーダーに抜擢され、入社2年目に最年少でマネージャーに昇進。

就職活動では、どのような仕事を探していましたか?


尊敬する先輩方やベンチャー気質の人が多かった影響もあり、就職活動では新しいもの・ことをゼロから創り出すベンチャー企業を中心にエントリーしていました。業界は、IT系や広告、不動産など事業に広がりがありそうなところ、職種は営業と決めていました。

ジーニーを選んだ理由は?


「世界的なテクノロジー企業になる」という会社のミッションに共感したこと、その実現に向けたビジョンがきちんと定まっているなと思えたことが決め手です。数多くのベンチャーを見ましたが、ジーニーは他社と比べてスケールが違うなと感じました。また、面接で会った人事担当者や経営陣にフランクで真っ直ぐな人が多く、人柄にも魅力を感じました。

入社してからこれまで、どんな仕事に携わってきましたか?


入社後は、インターネットメディア様向けの広告プラットフォーム「GenieeSSP」の営業を担当しました。私自身、営業がやりたくて入社しましたし、SSPはジーニーの主力事業なのでやりがいを感じました。インターネットメディア様への既存営業担当を経て、アプリ事業者向け営業担当となりました。まだ入社1年目だったのですが、ここでチームリーダーを任されました。入社2年目からは、メディア向けの新規営業チームで新入社員に業務を教えながら新規開拓に取り組んできました。アプリ専属チームのマネージャーなどを経て現在の新規事業開発本部でグループ会社と共に新たな事業創出に向け業務を推進しています。

入社して自分のココが成長したと思うことは?


ジーニーで働くことで、より広い視野、例えばマーケット全体や組織全体を見ながら物事の本質を考えるようになったと感じています。入社当初は、組織にいながらも自分のことで精一杯だったのですが、今はチームで仕事をしている実感が強くあります。ジーニーはプロダクトを自社開発しているので、営業担当がお客様からいただいたご意見や課題点を社内エンジニアにフィードバックして、必要な機能を作ってもらい、新たな機能を営業が販売していく、という流れがあります。お客様の声を直接聞き、プロダクトにスピーディに反映していく営業スタイルはジーニーならではの面白さであり、社内連携の大切さを感じる部分でもあります。

また、学びへのモチベーションが上がり、インプット量は圧倒的に増えたと思います。入社当時は、営業ノウハウに関する本を読むことが多かったのですが、最近はマーケティングや事業戦略・経営戦略の本も読んでいます。自分自身のスキルアップでなはく、会社全体の視点で勉強するようになったのは、変化の1つだと思います。インプットしたことが業務で役立ち成果に繋がるので、モチベーションが保たれています。業務に関係なさそうなことでも、営業という仕事では役に立つことがあるんですよ。

入社して良かったと思う瞬間は?


お客様と良い関係を築いて、結果を出せた時が一番嬉しいです。ジーニーの営業は、その場その場の関係づくりではなく、継続的な関係づくりが大切です。長期的にお付き合いしていく中で、お客様が運営するメディアの成長が見えるとやってて良かった!と思いますね。ある時、いつも結果に対してシビアで厳しい企業の社長様に私の仕事の姿勢について褒めていただいたことがあり、感激しました。もちろん、上手くいくことばかりではありません。でも、積み上げてきたことが成果になって表れる、お客様に喜んでもらえる。営業の仕事は本当に楽しいです。

最後に、これから入社を考えている方にお伝えしたいのは、ジーニーで仕事をするときに大切なのは、物事を論理的に考えることができる力だということ。数字を見て仮説を立て、それを検証していくという業務が多々あります。世の中の数多くのサービスから、何をどのように導入するとお客様の収益が最大化できるか、自分でロジックをつくり、提案していくことが多いからです。これは、営業だけでなく全ての職種に共通する仕事の進め方だと思います。自分で能動的に動き、考える機会が多いので、だからこそ結果が出た時の喜びも大きいのだと思います。

Back to top