“難易度の高い業務を多く任せてもらえる一方、
その実現に対しては日々の積み重ねが大切”

新卒入社
R&D本部/基盤技術開発部/インフラグループ 兼 プロダクト企画室/基盤技術研究・企画グループ/エンジニア
小尾 哲也

早稲田大学大学院基幹理工学研究科修了。
2013年4月、新卒1期生としてジーニーへ入社。

2013年4月、新卒1期生としてジーニーへ入社。

就職活動では、どのような仕事を探していましたか?


初めは、安定した会社がいいかなと思い、SIerや大手企業のシステム部門などをまわっていたのですが、それほど自分でプログラムを組める環境ではないなと感じていました。そんな時、隣の研究室の教授からジーニーを紹介してもらいました。
実は、工藤社長がその研究室のOBだったんです。研究室では、コンパイラ(人間が理解しやすい言語や数式で記述されたプログラムを、機械語や、あるいは、元のプログラムよりも機械が理解しやすいレベルのコードに変換するプログラム)の研究をしていて、アドテクノロジーについては当時まだ知りませんでした。ですので、ジーニーを知ってから、アドテクノロジーについて調べ始めた感じです。

ジーニーを選んだ理由は?


ジーニーがちょうど世界へ出ていこうとしていた頃で、チャンスが広がっている感じがしたからです。当時まだ80人ほどの規模でしたが、アジアへ積極的に事業展開しようとしていました。

入社してからこれまで、どんな仕事に携わってきましたか?


初めは、バックエンド側(サーバーサイドやデータベースのシステムの要件定義/設計/開発業務など)でプログラムを書いて、その後さらにインフラに近い部分を経験して今に至ります。
入社して1年経たないうちに、現在のGenieeSSPを開発するプロジェクトに初めから関わらせてもらい、GenieeDSPの開発にも少し携わることができました。
新卒で入って、いきなり社運をかけたシステムのリニューアルプロジェクトに携われるというのは貴重だと思うのですが、まだエンジニアの人数も少なく、教えてもらえる環境が整っていない中での開発は良い経験になりました。
プロジェクトの中では、1リクエスト毎にリアルタイムなオークション処理を捌く通信部分の実装に携わりました。 システムのコアに近い箇所でありながら、開発期間も短く大変でしたが、篠塚さん(CTO)を筆頭に、プロジェクトの方向性や要件定義等をリードしてくれたので、そこに一生懸命ついていった感じです。
現在は、インフラチームでサーバ管理の仕事をメインに担当しています。ジーニーはASEANを中心に海外でもサービスを提供しており、データセンターも国内外に複数構えています。
そのような大規模なシステム環境の中、事業計画やサーバの負荷状況を見ながら、安定的にサービスが稼働するよう調整しています。また、最近は、データをどのようにためれば活用しやすいか要素技術を調べて取り入れたり、いわゆるAIや機械学習に関連する領域も着手し始めたりしています。

入社して自分のココが成長したと思うことは?


入社して4年が経ち、実践的な知識が増えたと思います。
難易度の高い業務を多く任せてもらえる一方、その実現に対しては日々の積み重ねが大切だと感じています。例えば、top系のコマンドでサーバ本体をモニタリングする方法や、pacemakerを使ってバーチャルIPを設定する方法など、インフラの業務を安定的に行うために様々な知識を学びました。
また、ジーニーのシステムは大規模なトラフィックを高速で捌かなければならないため、マルチスレッドのプログラムを書く上で気をつけるべきところを身に付けたり、大規模なデータを遅滞なく整合性を持って処理できるよう、データベースとして使用しているMySQLのトランザクション制御を詳細に調べた上で実装することもありました。

入社して良かったと思う瞬間は?


ジーニーでは、自分より技術が高い人や、自分が持っていない技術を持っている人がたくさんいます。そういう人たちと議論ができるときが、一番楽しいですね。
今(2017年3月)、システムをスケールアウトさせるためにReactive Streamsが使えそうなので調べようとしていますが、そういった新しいことにもどんどんチャレンジしていきたいと思っています。

Back to top