メインビジュアル

高速PDCAサイクルで
テクノロジーを高める。
磨いた技術で、世界を変える。
それは、もはや目標ではなく使命。

コーポレート本部 経営企画室 広報・ブランディンググループ マネージャー

マーケティングテクノロジー事業本部 マーケティング部 部長代理

Yukiko Nakagama

大学卒業後、大手メディアで記者や編集、営業、新規事業の立ち上げなど幅広い業務を経験。自社媒体に限らないマーケティングに携わりたいという思いから転職を決意し、2019年ジーニーに入社。現在は、3つの部署のマネジメントを兼務。

自分の手で、世界を支えるインフラを作りたい

ジーニーに入社を決めた理由は2つあります。それは、経営戦略に携わりたいという思い、そして幅広くマーケティングに関わりたいという思いでした。
前職では大手メディアで、記者をはじめ編集や営業、新規事業の立ち上げを経験しました。多様な経験をした一方、「もうこの会社でやりたいことは全てやり尽くしたのではないか?」と思うようになりました。新しい環境で、まだ経験したことのない領域に挑戦してみたい。そう思い、転職を考えるようになりました。

では、どんな経験がしたいのか。よくよく考えてみたときに思い浮かんだのが、冒頭で挙げた2つの入社理由です。大手だと、どうしても現場と経営幹部との距離は遠くなりがちで、自分が経営に直接関わる機会は少ない。前職の自社のメディアは既に高い認知度を持っており、ゼロからのマーケティングに関する知見は磨きづらい。そんなモヤモヤを解消できる企業がいいと考えました。

中でも興味があったのが、IT企業でした。前職はいわば、情報のインフラを作った会社です。しかし、それは先輩方が作り上げてきたもの。自分の手で、未来のインフラを作り上げていきたい。IT企業なら、それが実現できると思ったのです。

イメージ画像

技術はあくまで手段に過ぎない

数多くあるIT企業の中からジーニーを選んだのは、ビジョンに深く共感したから。コーポレートアイデンティティとして掲げられている「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」という言葉に、世界を変えていく意思をもって大きな仕事をするという意味が込められていることを知り、これは、まさに私がやりたいことだと感じました。未来の当たり前となるような新しいビジネスインフラを創ること。それを、ただビジョンとして掲げるだけでなく、社会課題に深く紐づく中小企業に多く使われるソリューションを手がけており、事業にまで浸透させているのが感じられました。

入社後も、テクノロジーを通して世界をより良くしていこうという文化を強く感じる瞬間が多々あります。現在、弊社ではアドテクノロジーはもちろん、マーケティングテクノロジーも含めてマーケティングソリューションのワンストップ化を目指しています。これも、複雑で多岐にわたるツールをシンプルにまとめることで、誰でも簡単に業務効率化や売上向上というビジネスの汎用的な課題を解決し、世界に新たな価値を生み出そうとしているから。自社の技術を研鑽することに全力で向き合っていますが、それ自体は目的ではなく、あくまで手段です。磨いた技術をもって、顧客や社会に貢献していくという強い意志を感じられたことが入社理由でもあり、働きがいがあります。

ビジネスの在り方が変化し、
マーケティングテクノロジーへの期待は高まっている

現在の業務はマネジメントが中心で、2組織のマーケティングと広報の計3部門に向き合っています。

マーケティング部で私が担っているのは、マーケティングツールのリード(見込客)の創出。確度の高い見込客をWebやオフラインで集め、効率的にアポイントを取得し、営業に引き継ぐ。そのフローを設計したり、戦略を練ったりしています。

コロナがきっかけで、マーケティングのオンライン化に各社が興味を持ってくださり、市場のニーズは高まりました。そのニーズを見逃すことなく、効率的にお取引に繋げる。それは弊社の利益はもちろん、お客様に対する業務効率化の機会創出にも繋がります。まさに、これから重要度が増していく仕事を任されているという責任感を感じています。

一方広報は、企業広報全般を担当するコーポレートPR、各種プロダクトのPRを社内外に向けて行い、ジーニーが生み出している価値を広く世の中に伝え、ジーニーのファンを増やす仕事です。マーケティングと広報は情報発信の種類が異なりますが、情報発信によって企業やプロダクトの価値を高めるやりがいのある仕事です。

イメージ画像

現状を把握すること、そして仮説を立てること

やりがいと責任の大きさの分だけ、仕事の難易度も上がるのはどこの会社でも同じです。もちろん、ジーニーにおいてもそれは変わりません。しかも、自分が直接業務を回すのではなく、現場社員をマネジメントする立場となると、さらに考えるべきことは多くなります。そんな中でも価値を発揮するために私が心がけていることは2つ。丁寧に現状を把握すること、そして仮説を立ててから向き合うこと。これは、部下に向き合う時も、顧客に向き合う時も変わらず大切にしています。

どんな課題を解決するにしろ、まずはそれがどんな課題かを把握しなければ始まりません。現在地がわからなければ、目的地への向かい方はわかりませんよね。マネジメントする際は、部下一人ひとりの個性や強みをきちんと把握した上で、個別に最適なコミュニケーションを取ること。業務に向き合う際は、現状の細かなデータやその背景を把握した上で、改善策を練ること。それを忘れないよう常に意識しています。

仮説思考も、仕事をする上で欠かすことのできない重要なポイントだと思います。仮説をもとに打った施策は、その後の検証、改善をスムーズに行なうことができます。一方で、場当たり的に打った施策では効率的にPDCAを回すことができない。仮に上手くいったとしても再現性が担保できないのです。

ジーニーがやらなければ、誰がやる

ジーニーに入社してから、仮説構築力や、スピーディにPDCAを回す力など、様々な面で成長できている実感はあります。しかし、まだまだ道半ば。個人としての成長も、会社としての成長も目指すゴールは遥か先にあります。

個人に関して言えば、弊社の事業領域はもちろん、それ以外の領域も含めてもっともっと横断的に知識やスキルを高めていきたいと思っています。これからの世の中に必要なのは、業種・職種を横断して経験したことのない課題に向き合い、新しい解決方法を考え、実行できる力だと考えています。
3つの組織を掛け持ちさせてもらっているのは、こうした自身の仕事への向き合い方とも合致しており、ありがたいと思っています。マーケティングテクノロジーに限らず、なんでも困ったことは中釜に聞けと言われるような存在になりたいですね。

会社として目指したいのは、やはりビジョンの実現です。創業から10年以上経ち、人も集まり、事業領域もどんどん広がっています。既存のソリューションを育てつつ、新しいソリューションも技術・ビジネス部門が連携して生み出しながら、テクノロジーで世界を変える。ジーニーならそれができると本気で思っています。むしろ、ジーニーがやらなければ誰がやるのか。それくらいの意気込みをもって、これからも全力でビジョンの実現を目指していきます。

イメージ画像
採用募集要項

TOP