• Home
  • ニュース
  • ジーニー、メディアの収益を平均69%向上させる 広告収益最適化サービスのAdPushup社と資本業務提携

NEWS

2016.08.08プレスリリース

ジーニー、メディアの収益を平均69%向上させる 広告収益最適化サービスのAdPushup社と資本業務提携

日本および東南アジアでの独占提供を開始

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤 智昭、以下「ジーニー」)は、国際的にメディア向け広告収益向上サービスを提供するAdPushup,Inc.(本社:アメリカ デラウェア 共同創業者:Ankit Oberoi、Atul Agarwal 以下「AdPushup」)との投資契約を締結いたしましたことをお知らせいたします。

1.投資の目的

ジーニーが保有するメディア向け広告収益最大化ソリューションとAdPushupのディスプレイ広告による収益最適化機能を統合し、「Geniee SSP」をご利用いただいている日本および東南アジアのインターネットメディアに提供いたします。これによりメディアのさらなる広告収益向上が期待できます。
また、インドと北米を中心に400社以上のインターネットメディアと取引をしているAdPushupへの「Geniee SSP」の提供を通じて、インドおよび北米への事業展開を行ってまいります。

2.AdPushupについて

AdPushupは、2014年にインドおよび米国において創業をした、インターネットメディアのディスプレイ広告収益の向上サービスを提供する、急成長中のアドテクノロジー企業です。
今回統合する広告収益最適化サービスは、機械学習を用いてユーザー毎にウェブサイトコンテンツと広告枠のレイアウト、広告サイズ、広告タイプを最適化することで、インターネットメディアの収益を向上させるものです。北米およびインドにおける400社以上のインターネットメディアにて、収益を平均69%向上させた実績があります。
2014年には、「SlideShare」、「LinkedIn」の創業者であるAmit Ranjan氏、Jonathan Boutelle氏や、「Purvi Capital」のRavi Srivastava氏、「Yahoo(米国)」のSachin Arora氏、「Kima Ventures」、「Microsoft Ventures」らよりシードラウンドの資金調達をしています。
今後はジーニーの提供サービスとの連携・機能拡充とともに、世界各地のインターネットメディアへ価値提供を拡大、加速させてゆく予定です。

3.ジーニーについて

ジーニーは2010年に創業いたしました。日本最大級の約600億インプレッションを保有するインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム 「Geniee SSP」の開発・提供をしています。広告主向けにはWebブラウザ、アプリを一気通貫で分析しながら、集客~販売促進までのマーケティング活動を自動化・AI化をしていくマーケティングオートメーションサービス「MAJIN(マジン)」の提供を行っております。
アドテクノロジー企業として広告収益・集客における高い専門性と、国内最大規模のサポート人員体制を有します。
海外展開においては、2012年よりGeniee International Pte. Ltd.を設立後、インドネシア、ベトナム、シンガポール、タイ、マレーシアに子会社およびジョイントベンチャーでの営業拠点を設け、東南アジア約2500社のメディアの広告収益最大化の支援をしています。

Back to top