• Home
  • ニュース
  • 「GENIEE DSP」と「GENIEE SSP」3rd Party Cookieに依存しない共通IDソリューション「IM-UID」と連携

NEWS

2021年09月16日プレスリリース

「GENIEE DSP」と「GENIEE SSP」3rd Party Cookieに依存しない共通IDソリューション「IM-UID」と連携

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下ジーニー)が提供するDSP(Demand Side Platform)とSSP(Supply Side Platform)は、近年のプライバシー保護観点でのデータ収集・活用の規制強化やブラウザ提供会社での仕様変更によるCookie規制への対策として、DMP専業最大手であるデータマーケティングカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島亮次、以下IM)が提供する、3rd Party Cookieを利用せず、異なるドメイン間で3rd Party Dataの活用が可能な共通IDソリューション「IM Universal Identifier(以下IM-UID)」での広告配信検証を開始しました。

GENIEE×インティメート・マージャー

■背景と目的
昨今、Webユーザーのプライバシー保護の高まりとともに、欧州では「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」などによるデータ収集・活用の規制強化が行われています。また、AppleのブラウザであるSafariは2020年3月にITP(Intelligent Tracking Prevention)のアップデートにより3rd Party Cookieがブロックされ、GoogleはChromeでの3rd Party Cookieサポート終了を2023年に延長することを発表しました。
インターネット広告における広告配信や効果計測において、これまで深く活用されてきた3rd Party Cookieは、今後は活用が困難となるため対処が必要とされています。

IMと連携し、IDソリューション「IM-UID」での広告配信検証を行うことで、3rd Party Cookieに依存しない共通IDを活用することができ、ユーザープライバシーに配慮しながら、リーチしたいターゲット層への広告配信が可能となります。

■IM-UIDについて
「IM-UID」は、3rd Party Cookieに代わるIDソリューションです。アルゴリズムを活用し同一のブラウザ、同一の端末で発行された可能性が高い1st party Cookieを類推・クラスタリングしてインターネットID(識別子)を付与することで、異なるドメイン間で3rd Party Dataを連携します。Cookieレス時代に対応可能なターゲティング広告代替技術です。

■「GENIEE DSP」「GENIEE SSP」について
DSPとは、広告主の広告効果最適化を目指すプラットフォームです。広告枠の買い付けや配信、クリエイティブ分析まで自動で行うことができます。「GENIEE DSP」では、ジーニーが開発・運用する国内最大規模のメディア側広告配信プラットフォーム「GENIEE SSP」が持つ国内最大級の広告在庫データを連携して活用でき、多様な買付手法やフォーマットで広告のパフォーマンスを最大化できることが特徴です。広告主側は手間なく様々なサイトを横断して広告配信を行うことができ、高品質なオーディエンスを低単価で集客できます。

今後もジーニーではこの新時代に対応すべく各種対策を取り揃え、代理店様、媒体社様双方にとってより信頼性の高い広告取引が可能になるように、一層の事業拡大を目指してまいります。

■ジーニーについて
ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」というミッションのもと、企業の収益拡大・生産性向上など様々な課題解決につながるソリューションを開発・提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。

<会社概要>
代 表 者:代表取締役社長 工藤 智昭
本 社:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー5/6階
設 立:2010年4月
資 本 金:1,549百万円(連結、2021年3月末現在)
従業員数:307名(連結、2021年3月末現在)
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ
事業内容:広告プラットフォーム事業、マーケティングSaaS事業、海外事業
U R L:https://geniee.co.jp/

■株式会社インティメート・マージャーについて
「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションに掲げ、国内DMP市場導入シェアNo.1(※1)のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を保有するデータマーケティングカンパニー。約4.7億のオーディエンスデータ(※2)と高度な分析技術を掛け合わせたデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」の提供・構築支援、データ活用に関するコンサルティングサービスを提供しています。また、プライバシー保護に関する取り組みとして、一般社団法人 日本経済団体連合会が掲げる「個人データ適正利用経営宣言」に賛同しています。今後はSales TechやFin Tech、Privacy TechなどのX-Tech領域に事業を展開し「データビジネスのプロデューサー集団」を目指します。

※1 出典元:「DataSign Webサービス調査レポート 2021.2」
※2⼀定期間内に計測された重複のないブラウザの数を⽰します。多くの場合、ブラウザの識別にはCookieが利⽤され、⼀定期間内に計測された重複のないCookieの数のことを⽰します。

<会社概要>
代表者:代表取締役社⾧ 簗島亮次
本社:東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル4F
設立:2013年6月
資本金:449,016千円(2021/3月末現在)
事業内容:DMP(データマネジメントプラットフォーム)事業
URL:https://corp.intimatemerger.com/

Back to top