2021.01.29 / SFA 

中小企業にSFAは必要? おすすめSFA5つを比較してご紹介!

Pocket

SFAツールは、業務効率化や生産性向上につながるツールですが、中小企業でも必要なのでしょうか。SFAツールは少なからずコストがかかります。そのため、事業規模を考えた際に、Excelなどで充分と感じている企業も多いのではないでしょうか。

しかし、Excelの活用にはいくつかリスクが隠れています。

本記事では、中小企業でもSFAを導入すべき理由や選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

>> 成長率No.1!SFA/CRMツール「ちきゅう」はこちら << 

 

中小企業にもSFAは必要?

SFAは、営業活動を効率化してくれる便利なツールです。しかし、抱える案件数、社員数も大手企業に比べると少ない中小企業に、SFAは必要なのでしょうか?

ここでは、中小企業におけるSFAの必要性を解説します。

 

ビジネススタイルの変化

まず挙げられるのが、近年のビジネススタイルの変化です。

サブスクリプションビジネスなどの浸透により、顧客との関係をしっかり構築していくことが重要とされるようになりました。

特に、中小企業は大企業などに比べると、人的リソースや資本力に限りがあります。限りがある中で売上を上げるには、Excelなどの管理では不十分です。

リソースを効率よく活用するために、SFAなどのツールは活用不可欠といえるでしょう。

 

Excel(エクセル)管理の限界

中小企業でSFAの代わりに使われることが多いのが、Excelです。

多くの企業のパソコンは、すでにExcelが入っているため、「コストをかけずに試してみたい」というニーズにマッチします。

Excelでは、問い合わせ内容やそれに対しての回答例などを記載します。トラブルの内容と対応例なども記入しましょう。

このように案件数が少なければ、Excelで管理することも可能でしょう。しかし、Excelは共有に手間がかかります。さらに、データ量が大きくなるとファイルの容量が重くなったり、社外からアクセスできなかったりなど、ビジネスで使うには障害も多いです。

大量かつ長期的に営業活動管理を行いたいなら、いずれ限界がきてしまうでしょう。

 

中小企業向けSFAの特徴

SFAはさまざまな特徴がありますが、中小企業向けのSFAの特徴についてご紹介します。

 

搭載機能がシンプルなSFA

中小企業が最初にSFAを導入する場合、搭載機能がシンプルなものを選びましょう。

大手企業向けのSFAだと多くの機能が搭載されていたり、カスタマイズ性が優れていたりします。

こうしたSFAはできることも多いですが、そのぶんコストもかかります。また、搭載機能が多すぎても使いこなせず混乱を引き起こしたり、費用がもったいないなどの問題が起こったりする可能性があります。

そのため、自社の課題を解決できるような最低限の機能が備わったものを選びましょう。

 

運用コストが低いSFA

運用コストも考えましょう。SFAは基本的に多機能になるほど高コストです。できることも増えますが、使わない機能も増えるため、運用コストも増えてしまいます。

そのため、まずは運用コストが低いSFAから始めてみるのがおすすめです。そうすれば、もし合わなくてもダメージが少なくて済みます。

慣れてきて「もっと多機能なツールが欲しい」と思ったら、乗り換えを検討しましょう。

 

操作性に優れるSFA

機能だけでなく、画面デザインや操作性も確認しておきましょう。

SFAツールは、基本的に営業に関わるすべての社員が利用することを前提としています。しかし、中にはツールなどに慣れておらず、ITリテラシーがあまり高くない方もいます。 

そのため、管理画面が見づらかったり、操作がしづらかったりすると、社員が使いこなせず失敗に終わってしまう可能性があります。 

大手企業ならSFAの担当チームなどを設けて、社員などにレクチャーするなどが可能となります。しかし、中小企業はそこまでリソースを割くことができないことも多いのではないでしょうか。

そのため、直感的に誰でも操作できるようなSFAを選びましょう。

自社の社員のITリテラシーを把握し、そのレベルに合わせたツールを導入することが大切です。 

 

SFAを選ぶときのポイント

ここでは、中小企業でSFA選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

費用対効果が高いSFAを選ぶ

SFAツール導入はコストがかかります。せっかくツールを導入するなら、費用対効果の高いものを選びましょう。

単に価格だけでなく、機能・サービスなど総合的に考慮して選ぶことが重要です。

課金方式や支払い方法もチェックしておきましょう。ツールには月額制、従量課金制、オーダーメイドのものも存在します。この中から、自社にとって最も費用対効果が高いものを見極めましょう。

ツールによっては、利用時間や利用人数によっても費用が変わります。また、単に価格が安いということだけなく、機能や付属サービスなどもしっかり確認しましょう。

たとえば、サポート体制が手厚いかどうかです。特に、ツールを利用したことのない企業は、導入だけでなく運用面でもサポートしてくれるツールを選ぶことをおすすめします。

ツールは、継続して使用することで効果を感じるものです。導入後にどれだけ社員が使いこなし、継続して使用するかが重要です。

導入後は操作に慣れず、なかなか活用できないこともあります。その際、ツールの運用や活用方法についてのサポートがあれば安心です。

たとえば、マニュアルはしっかりしているか、トラブル発生時にどんな対応をしてくれるのかなどです。

機能、費用、そのほかの付随サービスを比較検討して、総合して費用対効果が高いツールを選びましょう。

 

現場にヒアリングを行う

導入前に、実際にツールを使用する現場の社員の声を聞きましょう。

現場の声を聞かずに勝手に決めてしまうと、必要な機能が搭載されていなかったり、不要な機能が多かったりする可能性があります。

まず、実際に使う社員に、「どのような機能があったらいいのか」「どのような課題があるのか」などのヒアリングを行いましょう。

そして、実際に使用する社員にメリットのあるツールの中から選びます。

ツールを導入することにより、業務フローがどう変化するのか、どう業務が効率化するのかを、導入前に具体的にイメージできるかが大切です。できるだけ現場の負担が少なく、企業として必要な機能がきちんと搭載されているツールを選びましょう。

 

【中小企業向け】おすすめSFA5選

ここではおすすめのSFAツールをご紹介します。

 

ちきゅう

ちきゅうは、営業の働き方改善が期待できる国産のSFAツールです。

誰でも親しみやすいシンプルな画面が特徴で、直感的に設定、入力、分析が可能です。これにより本来の業務に集中することができます。

 

ちきゅうの特徴

・低コストで多機能
ちきゅうでは、必要な機能と項目を選択することができます。いくら業務効率化が期待できるツールでも、コストが高過ぎては意味がありません。ちきゅうでは、1,480~9,800円の間から自社に合わせた機能を選ぶことが可能です。

・誰でも見やすいシンプルな画面
ツールを定着させるには、使いやすさも大切です。「ちきゅう」は親しみやすいシンプルな画面で、設定や入力、分析などが直感的に行え、ストレスの無い運用が可能です。効率よく運用できれば、本来の業務に集中でき、業績向上も期待できます。

・短期間で運用開始できる
「ちきゅう」はすぐに運用開始できるのも魅力です。平均1ヶ月で運用が開始できます。また、項目設定やデータ移行などの必要な設定は、ドラッグ&ドロップで簡単に行えます。さらに、受注に必要な行動が分析できるので、早く運用を開始したい企業ほどおすすめです。

 

ちきゅうの機能の一例

「ちきゅう」は、さまざまな営業課題を解決できる機能を搭載しています。

・顧客管理
取り引き中など、ステータスに応じて企業情報や人物情報を管理できます。

・商談プロセス管理
商談内容やステータスなどを管理できます。商談ステータスに合わせたカード形式で表示されるため、直感的な案件管理が可能です。

・活動報告
顧客とのやりとりを時系列順に管理できます。

・グラフ作成
確認したいデータを簡単にグラフ表示にできます。直感的にグラフが作成できるのが、分析のための時間が短縮可能です。

>>ちきゅうの資料請求はこちら

 

ネクストSFA

ネクストSFAは、使いやすさを重視したSFAツールです。シンプルで見やすいインターフェースは入力しやすさを考えており、営業履歴から最適なアプローチをサポートしてくれます。

クラウドサービスなので、端末があればどこでもリアルタイムで情報を更新できます。

・操作はドラッグ&ドロップ
案件操作画面は、案件や金額をひと目で確認できます。また、進捗状況に合わせて、案件をドラッグ&ドロップで簡単に操作できます。数値が変更になった場合でも、すぐに変更、確認、共有が可能です。

・専門知識がなくてもカスタマイズが可能
ネクストSFAは豊富な設定項目があり、ツール初心者でも簡単に設定可能です。必要があれば、企業の管理方法に合わせた設定方法などもサポートしてくれます。また、複数部署で使用する場合は、細かい権限設定も可能です。

・自分だけの管理画面を作成できる
ログイン後に最初に表示される画面はダッシュボードになっています。ここでは、自分で自由に表示する項目を設定することが可能です。入力フォームも簡単に設計されており、円グラフや棒グラフ、カレンダーなども手軽に作成できます。

 

Knowledge Suite(GRIDY SFA)

GRIDY SFAは、グループウェア、SFA/CRMの機能が連動したクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の機能のひとつです。

SFAに特化したアプリケーションで、顧客情報と営業報告だけで、営業のプロセスを可視化してくれます。

・簡単なステップで有益なデータを蓄積できる
GRIDY SFAでは、顧客情報に関する行動履歴を最短3ステップで入力可能です。営業報告(日報機能)に入力するだけで、有効な顧客情報を蓄積できます。

・項目のカスタマイズが可能
自社の業務内容に適した項目にカスタマイズが可能です。顧客、顧客担当者、商品の項目、商談などの項目を、使いやすいレイアウトにカスタイマイズできます。独自に項目を追加したり、不要な項目を削除したりすることも可能です。

 

JUST.SFA

JUST.SFAは、個人や企業の「継続成長」を支援してくれるクラウドサービスです。

営業活動に必要な機能を、見やすいインターフェースで提供しているのが特徴です。日々の報告業務の負担を軽減することで、営業活動に有効な情報を自然に蓄積できます。

・必要な情報が一画面に集約されている
JUST.SFAでは、営業活動に必要な情報を一画面に集約できます。案件状況の確認はもちろん、過去の営業履歴、見積もり内容の閲覧などが可能です。一画面に収集することで、情報確認の時間を削減し、効率的に営業活動管理ができます。

・データをリアルタイムに集計
入力されたデータは、リアルタイムで集計され、さまざまなチャートで表示可能です。このチャートにより、営業活動の課題や改善ポイントをすぐに把握できます。そのため、新しい施策の立案につなげられます。

 

Zoho CRM

Zoho CRMは、レポート作成、メール送信などの業務を自動化できます。営業担当者が庶務に対応する時間が減らすことで、本来の営業活動に注力できる環境を整えられます。

・導入がしやすい
Zoho CRMは、低コストで利用できるツールです。初期費用がかからないので、導入しやすい点が特徴です。また、スプレッドシートなどからデータを移行することも簡単なので、スムーズに運用を始められます。

・使いやすさを重視
Zoho CRMのインターフェースは、直感的で分かりやすいことが重視されています。初めてCRMツールを使う人でも、比較的すぐに使いこなせます。使いやすいため、現場での定着率が高い点が特徴です。また、販売戦略に合わせて柔軟にカスタマイズできるため、長期的な運用も対応できます。

・カスタマイズが簡単
タブの項目はドラッグ&ドロップで簡単に追加や編集が可能です。また、業種に合わせたページレイアウトに変更することもできます。

 

まとめ

中小企業でも、SFA導入はさまざまなメリットがあります。業務負担の軽減や営業活動情報の蓄積や共有などが期待できるため、中小企業が抱える課題を解決してくれるでしょう。

ただし、「ほかの企業が導入しているから」「便利そうだから」と漠然と導入しても、運用はうまくいきません。また、多機能すぎても使いこなせない可能性があります。

導入前に自社の課題をしっかり洗い出し、その課題を解決できるような機能があるツールを選びましょう。また、最初は必要最低限の機能に絞って導入することをおすすめします。

中小企業でも自社にあったSFAツールを導入し、営業活動を最適化しましょう。

 

SFA 簡単

SFAに関連する記事

新着記事

ページ上部へ戻る