【2024年2月】GPSや地図と連携できるSFA/CRMおすすめ7選

公開日:2024.01.26 / 更新日:2024.02.19 / SFA 

【2024年1月】GPSや地図と連携できるSFA/CRMおすすめ7選
Pocket

人材不足の影響なども相まって、営業プロセスを効率化するためにSFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)を導入する企業が増加傾向にあります。さらに近年では、GPSや地図と連携して、営業活動・マネジメントを効率化できるシステムも評判です。

この記事では、地図やGPSと連携できるSFA/CRMツールのおすすめ7選を紹介します。地図やGPSと連携して得られるメリットや機能性についても解説しますので、あわせてご参照ください。

この記事を読んでわかること
✔︎ 位置情報を利用できるSFA/CRMのメリット
✔︎ 地図やGPS連携で活用できる機能
✔︎ 地図やGPSと連携できるおすすめSFA/CRMツール7選

地図やGPSと連携ができるSFA/CRMの3つのメリット

地図やGPSと連携ができるSFA/CRMの3つのメリット

「地図やGPSと連携できるSFA/CRMツール」といっても、実際にどのような効果を得られるのかいまいちイメージできない方も少なくないでしょう。地図やGPSと連携できるCRMツールなら、以下のようなメリットを得られます。

  • 営業管理を効率化できる
  • 営業生産性の向上に繋がる
  • 営業活動の行動指針になる

ここでは、地図やGPSと連携できるCRMツールのメリットについて、それぞれの詳細を解説します。

メリット①:営業管理を効率化できる

メリット①:営業管理を効率化できる

CRMツールを地図やGPSと連携させれば、営業管理を効率化できるメリットがあります。GPSに基づいて現場営業の行動履歴を逐一把握できるため、紙などを使った非効率的な営業報告・管理をせずに済むのが特長です。また、CRMツール上で通知が届くため、メールの確認も不要になります。

たとえば、部下のタスクをカレンダーやMAP上で表示したり、実際の移動ルートを一目で確認できたりするため、マネジメント業務を効率化できます。また、履歴がデータとしてCRMツールに蓄積されるため、「交渉決裂のNG先を共有」「サボりの可視化」「1日分の報告もまとめてチェック・フィードバックできる」のがメリットです。

さらに、スマホアプリが充実しており、行動管理だけでなく社内の申請や提案時の見積など、承認作業を出先でも行えることが多いです。そのため、出先で申請承認や見積承認を行えるのも魅力です。

営業管理とは?効率的な営業管理に必要な5つの項目とツールを紹介

メリット②:営業生産性の向上に繋がる

メリット②:営業生産性の向上に繋がる

地図と連携ができるCRMツールなら、営業生産性の向上を実現できるメリットもあります。位置座標の共有が簡単になるほか、位置に応じた取引先情報を表示することもできます。

たとえば、地図連携が可能なGENIEE SFA/CRMならマップ上に取引先をピン表示して、「一定期間以上訪問していない営業先」を可視化できるのも特徴です。顧客情報をもとに対応履歴をチェックせずとも、近場で営業すべきポイントをいち早く確認できるため、営業効率を引き上げられます。

さらに、電話帳に登録のない連絡先でも、CRMツールに蓄積した顧客データをもとに自動的に顧客情報を表示する機能まで搭載されています。

アポ先でもGoogleマップ上で取引先企業を確認できるほか、カレンダーと同期してタスク管理できるのもメリットです。地図やGPSと連携できるCRMツールなら、工夫次第でさまざまな営業効率の引き上げを実現できます。

営業の生産性を向上させる必要性とその具体的施策とは?

メリット③:営業活動の行動指針になる

メリット③:営業活動の行動指針になる

地図やGPSと連携できるCRMツールなら、営業活動の行動指針をデータ化して直感的に行動しやすくなるのもメリットです。GENIEE SFA/CRMのようにSFAアプリ内でルート検索が行えるのであれば、「次にどの取引先へ向かうべきか」を一目で確認して行動できます。

加えて、新規開拓エリアや経験の浅いスタッフでも、次の取引先まで最短移動しやすくなるのが特長です。

地図連携が可能なGENIEE SFA/CRMなら、営業に必要なアクションはすべてスマホから実施できるため、外回りを含めた営業活動を大幅に効率化できます。蓄積されたデータをもとに効率的な営業活動を行えるため、新人営業担当者などもいち早く戦力として育てやすい魅力もあります。

地図やGPSを活用したSFA/CRMの機能

地図やGPSを活用したSFA/CRMの機能

地図やGPSを活用できるSFA/CRMツールなら、さまざまな便利機能を利用できます。具体的には、地図やGPSの活用で以下の機能を利用することが可能です。

  1. メンバーの予定をカレンダーや地図上で確認
  2. 地図上で顧客情報を確認
  3. GPSによる追跡機能

ここでは、地図やGPSを活用したSFA/CRMの機能について解説します。

【2024年最新】CRMの導入費用の相場とは?タイプ別の費用からおすすめ製品まで徹底解説

メンバーの予定をカレンダーや地図上で確認

地図やGPS機能が搭載されたSFA/CRMツールなら、メンバーの予定やカレンダーを地図上で確認できるのがメリットです。現在の位置やスケジュール管理、タスクを一元管理しやすく、訪問予定先もマップでまとめて確認できるため、営業担当者・管理者のどちらも作業効率をあげられます。

また、タスクごとの訪問先を地図上でチェックできるほか、ルート検索機能が搭載されたツールも少なくありません。最短ルートや交通費などを割り出せるCRMツールもあり、取引先への移動をスマートに実現して効率的な営業活動を実現できます。

地図上で顧客情報を確認

地図やGPSを活用したSFA/CRMツールのなかには、地図上で顧客情報を確認する機能が搭載されたソフトウェアもあります。近辺の顧客情報をMAP上で確認できるため、移動途中のスキマ時間を有効活用できるのがメリットです。

また、一定期間接触がない企業を可視化したり、交渉が決裂してしまった訪問NG先も社内で情報共有したりと、トラブルが発生するリスクも低減させられます。地図やGPSと連携できるCRMツールなら、最寄りの取引先はどこか、それに合わせて顧客情報をいちいち調べ直す手間もかかりません。

GPSによる追跡機能

地図と連携できるSFA/CCRMツールは、GPSによって位置座標を追跡できる機能も搭載されています。「営業担当者のサボり」などを可視化しやすいほか、登録したタスクの予定訪問時間に照らし合わせて、自動チェックインする仕組みも実現できるのが特徴です。

たとえば、GENIEE SFA/CRMでは自動チェックイン機能を搭載しており、予定訪問先の到着に合わせて自動的に報告を出せるため、会社への業務報告に掛かる手間を抑えられます。上司やチームメンバーもリアルタイムの行動把握を実現でき、マネジメント管理の負担も抑えられるメリットがあります。

地図やGPSと連携できるSFA/CRMおすすめ7選

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
Zoho CRM・案件管理
・名刺管理
・スケジュール管理
・予実管理
・見積書作成
カスタマイズ性に優れており好みに変化させやすい月2,400円~7,800円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/15日間
GENIEE SFA/CRM・案件管理
・活動管理
・営業管理
・予実管理
・ レポート出力
・タスク管理
・ワークフロー機能
親しみやすいUIで定着率99%を誇り、大手SFAに比べてコストも1/3月2,980~9,800円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/14日間
eセールスマネージャー・顧客情報管理
・案件管理
・日報管理
・スケジュール管理
・名刺デジタル化
・地図機能
・予実管理
・タイムライン
導入実績が豊富でオンライン研修なども実施している月3,000~11,000円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/30日間
UPWARD・顧客情報管理
・顧客マッピング
・ルート検索
・プッシュ通知
・滞在記録の自動検知
外回りや訪問営業に特化した機能が満載月3,800~12,800円/ユーザー地図/GPS対応なし
ホットプロファイル・名刺管理
・案件管理
・企業属性管理
・人脈可視化
・目標管理
・営業アプローチリスト
取り込んだ名刺データをもとに組織ツリーを生成して人脈の繋がりを可視化できる要問い合わせ地図/GPS対応無料トライアルあり
DP Report@・報告機能
・顧客情報登録機能
・最新位置表示機能
・日報一覧機能
・簡易ルート作成機能
スマホ片手に営業を行うフィールドセールスの支援機能が豊富月5,000円/基本料金 月1,200~2,000円/ユーザー ※最短利用期間10ヶ月の縛りアリ地図/GPS対応なし
Sales Force Assistant・訪問計画管理
・顧客管理
・ToDoメモ自動作成
・AI秘書アシスタント
6つに分かれたタイプからニーズに合わせた製品を選べる月3,500円~(顧客深耕)/クラウド地図/GPS対応なし

営業効率を引き上げられるSFA/CRMツールには、地図やGPSと連携してさらなる業務効率化を実現したソフトウェアも多く登場しています。ここでは、地図やGPSと連携できるSFA/CRMツールのおすすめ7選について、それぞれの料金相場や主な機能、強みを解説します。

Zoho CRM

Zoho CRM

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
Zoho CRM・案件管理
・名刺管理
・スケジュール管理
・予実管理
・見積書作成
カスタマイズ性に優れており好みに変化させやすい月2,400円~7,800円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/15日間

「Zoho CRM」は、カスタマイズ性の高さが魅力的なSFA/CRMツールです。顧客管理を始めさまざまな業種にも採用されやすい多機能さが魅力で、非Slerでもカスタマイズしやすい使いやすさが人気を集めています。

見込み顧客の獲得からクライアントの商談・関係構築まで各営業プロセスを一元管理できるほか、モバイルアプリ上で位置情報に基づいて周辺顧客の情報を検索できる機能も搭載されています。

  • 月額料金プラン(年間割引アリ)
  • 無料プラン
  • スタンダード:2,400円~/ユーザー
  • プロフェッショナル:4,200円~/ユーザー
  • エンタープライズ:6,000円~/ユーザー
  • アルティメット:7,800円~/ユーザー

Zoho CRM(ゾーホー)についてはこちら

Zoho CRMとは?特徴から料金・評判、運営企業について

GENIEE SFA/CRM

GENIEE SFA/CRM

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
GENIEE SFA/CRM・案件管理
・活動管理
・営業管理
・予実管理
・ レポート出力
・タスク管理
・ワークフロー機能
親しみやすいUIで定着率99%を誇り、大手SFAに比べてコストも1/3月2,980~9,800円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/14日間

「GENIEE SFA/CRM」は、親しみやすいUIで優れた定着率を誇るSFA/CRMツールです。見やすいため初心者でも使いやすく、導入から定着まで短期間で実現しやすい魅力もあります。

顧客管理システムと連携して「登録されていない電話番号でも顧客情報を表示」「リアルタイムで顧客データを分析」といった作業も効率的に行なえます。また、GoogleMapと連携すれば、CRMに登録された会社情報に基づいてシームレスに取引先企業を確認できるのも魅力です。

顧客のランクや担当営業者ごとにピンの色を変えて地図に表示できるなど、チーム一丸となって営業効率を高める効果が期待できます。

  • 月額料金プラン
  • スタンダード:2,980円/ユーザー
  • プロ:4,880円/ユーザー
  • エンタープライズ:9,800円/ユーザー

GENIEE SFA/CRMの無料トライアルはこちら

eセールスマネージャー

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
eセールスマネージャー・顧客情報管理
・案件管理
・日報管理
・スケジュール管理
・名刺デジタル化
・地図機能
・予実管理
・タイムライン
導入実績が豊富でオンライン研修なども実施している月3,000~11,000円/ユーザー地図対応無料トライアルあり/30日間

「eセールスマネージャー」は、5,000社を超える導入実績をもつSFA/CRMツールです。SFAツールとしてだけでなく、蓄積されたデータを深く分析するためのBIツールとしても活用できる側面を持ちます。

eセールスマネージャーは地図にも対応したSFA/CRMツールで、マップ上に線を引くだけで、エリアを指定し訪問先をリスト化したりスケジュールを一括登録したりすることができます。加えて、空き時間が生まれた時に周辺地域からターゲットを探せる機能も搭載済みです。ストレスフリーで、訪問計画や活動報告を行いやすくなっています。

  • 月額料金プラン
  • スタンダード:11,000円/ユーザー
  • ナレッジシェア:6,000円/ユーザー
  • スケジュールシェア:3,000円/ユーザー

eセールスマネージャーについてはこちら

eセールスマネージャーRemixを徹底解剖!基本情報から評判まで

UPWARD

UPWARD

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
UPWARD・顧客情報管理
・顧客マッピング
・ルート検索
・プッシュ通知
・滞在記録の自動検知
外回りや訪問営業に特化した機能が満載月3,800~12,800円/ユーザー地図/GPS対応なし

「UPWARD」は、外回りのフィールドセールスに特化したSFA/CRMツールです。マルチデバイスに対応しており、スマホのGPS機能で位置座標を共有したり、ルート検索をしたり、滞在記録の自動検知まで行えます。

そのため、現場の営業担当者から活動をマネジメントする層まで幅広い業務の効率化を実現できるのが特徴です。「滞在記録の自動検知」に関する特許を取得しており、営業活動をスマートに報告、日報作成の負担を大幅に軽減できます。

  • 月額料金プラン
  • Essential:3,800円/ユーザー+管理者ライセンス 9,000円
  • standard:7,800円/ユーザー+管理者ライセンス 9,000円
  • Enterprise:12,800円/ユーザー

UPWARDについてはこちら

ホットプロファイル

ホットプロファイル

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
ホットプロファイル・名刺管理
・案件管理
・企業属性管理
・人脈可視化
・目標管理
・営業アプローチリスト
取り込んだ名刺データをもとに組織ツリーを生成して人脈の繋がりを可視化できる要問い合わせ地図/GPS対応無料トライアルあり

「ホットプロファイル」は、顧客管理システムとして人脈のつながりまで把握できるSFA/CRMツールです。顧客の組織ツリーを生成して、接点のあるユーザーにアプローチがしやすくなるため、営業の成約率を高めてくれます。

GPS/地図連携にも対応したCRMツールで、外出先からの営業報告書に現在の位置情報を付与することも可能です。報告した日時や場所を確認できるため、社外の行動を可視化して管理しやすいメリットもあります。

  • 月額料金プラン
  • 要問い合わせ

ホットプロファイルについてはこちら

DP Report@

DP Report@

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
DP Report@・報告機能
・顧客情報登録機能
・最新位置表示機能
・日報一覧機能
・簡易ルート作成機能
スマホ片手に営業を行うフィールドセールスの支援機能が豊富

・月5,000円/基本料金
・月1,200~2,000円/ユーザー
※最短利用期間10ヶ月の縛りアリ

地図/GPS対応なし

「Report@(レポルタ)」は、位置情報を活用して業務の効率化に長けたSFA/CRMツールです。「誰が」「いつ」「どこで」といった位置座標をGPS+地図上で簡単にチェックでき、マネジメント業務や報告周りもリアルタイムで確認できます。

アプリ上ではワンタップで位置情報を送信できるため、難しい操作は不要です。スマホ片手でフィールドセールスを進めている営業部門には特におすすめのCRMツールだと言えるでしょう。

  • 月額料金プラン
  • エントリー:500円/ID+基本料金 2,500円+管理ユーザー1,000円/ID
  • ベーシック:1,200円/ID+基本料金 5,000円+管理ユーザー2,000円/ID

DP Report@についてはこちら

Sales Force Assistant

Sales Force Assistant

製品名主な機能強み料金目安地図/GPS連携トライアルの有無
Sales Force Assistant・訪問計画管理
・顧客管理
・ToDoメモ自動作成
・AI秘書アシスタント
6つに分かれたタイプからニーズに合わせた製品を選べる

月3,500円~(顧客深耕)/クラウド

地図/GPS対応なし

「Sales Force Assistant」は、AI秘書アシスタント機能を搭載したSFA/CRMツールです。過去の見積書などルールに基づいた商品選択をアシストしてくれたり、提示価格のミスがないかチェックしてくれたりと、見積書作成の業務を効率化できます。

Sales Force Assistant 顧客創造などのプランには地図/GPSとの連携機能も搭載されており、近隣の顧客情報やクレーム対応、納入機器などすべての履歴を表示できるのも魅力です。GPSに基づいて最寄りの地図上にピンや情報が自動生成される「TOUCH !機能」もあり、必要な商談情報をストレスフリーで確認できます。

  • 月額料金プラン(クラウド)
  • 顧客深耕:3,500円/名
  • 顧客創造:4,000円/名
  • 深耕創造:4,500円/名

Sales Force Assistantについてはこちら

まとめ:SFAを活用して効率的な営業管理を実現

まとめ:SFAを活用して効率的な営業管理を実現

近年ではSFA/CRMツールを活用する企業が増えつつあり、担当者に属人化していたノウハウやスキルを共有して営業部門全体の効率を引き上げる事例も増加傾向にあります。なかでも、地図やGPSと連携できるSFAツールなら、現場担当者が必要な情報をスピーディに引き出せるメリットがあります。

その結果、営業活動に注力しやすいだけでなく、日報作成などの効率化や位置情報を付与した報告により、マネジメント層の負担軽減にも役立つのが魅力です。地図やGPSと連携できるSFA/CRMツールなら、営業部全体の生産性を引き上げる効果も期待できます。

もしこの機会に新しくSFA/CRMツールの導入をご検討されている方は、この機会に「GENIEE SFA/CRM」をご利用ください。GENIEE SFA/CRMは99%を超える定着率を誇るだけでなく、GooleMapとの地図連携によって、営業担当者が効率的に顧客情報をチェックすることができます。

SFAとCRMを兼ね備えた国産営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM(ちきゅう)」


蓄積された営業データを活用して売り上げを向上させるなら「GENIEE SFA/CRM」

定着率99%の国産SFAの製品資料はこちら

なぜ「GENIEE SFA/CRM」が選ばれるのか
  • SFAやCRM導入を検討している方
  • どこの SFA/CRM が自社に合うか悩んでいる方
  • SFA/CRM ツールについて知りたい方

個別相談会無料トライアル定着率99%国産SFA「ちきゅう」
個別相談会無料トライアル定着率99%国産SFA「ちきゅう」

新着記事

SFAに関連する記事

目次へ戻る

導入企業6,300社、定着率99%!
「GENIEE SFA/CRM」資料はこちら