製造業向けのCRMとは?導入メリットや成功事例からおすすめツール5選を徹底比較

公開日:2023.11.29 / 更新日:2024.02.09 / CRM 

Pocket

取引の内容や条件、製品の詳細まで顧客ごとに異なる製造業では、複雑な顧客管理に頭を悩ませている企業も少なくありません。市場や顧客ニーズが目まぐるしく変化していくなか、より一層複雑化していく顧客管理に加えて、人手不足などで業務の効率化に課題を感じているシーンも多いでしょう。

そこで、製造業向けの「CRM(顧客管理システム)」を利用する事例が増えつつあります。

製造業向けCRMツールを導入すれば、営業活動の効率化や最適化ができるだけでなく、多様なニーズの掌握によって、的確な経営戦略と企業成長まで見込めるのがメリットです。

この記事では、製造業が抱えている課題とはなにか、CRMツールの必要性やメリットについて解説します。製造業向けCRMツールの選び方や、おすすめツールも紹介しますので、あわせてご参照ください。

製造業の課題とCRM(顧客管理システム)の必要性

製造業の課題とCRM(顧客管理システム)の必要性

さまざまな顧客情報が複雑化しつつある製造業では、CRMツール(顧客管理システム)の必要性が高まっています。

特に、国内人口の減少に伴う人手不足や、マーケットの縮小など、より効率的な顧客管理&営業効率の引き上げを目指さなければならないのも事実です。経済産業省によると、2022年度製造業のうち約56%は人手不足が事業に大きな影響を与えたと回答しています。出典元:経済産業省「2023年版ものづくり白書

営業管理とは?効率的な営業管理に必要な5つの項目とツールを紹介

そのような課題を背景に、営業・製造・マネージャーなど横軸で正しく情報共有する仕組みや、連携力を高めるシステムの導入が急務です。顧客管理や営業効率を引き上げて、一人あたりの生産性を高める必要性が高まっています。

加えて、顧客ニーズの変化に対する柔軟な対応力も、製造業における課題のひとつ。高品質な製品は当然として、近年ではどのようなシーンに活用するのか、得られる体験など「価値観」が変化しつつあります。

しかし、インターネットやSNSで趣味嗜好も多様化し、顧客の複雑な潜在ニーズを一括で管理・分析するのも至難のワザでしょう。そこで、CRMツールを活用すれば顧客ニーズの変化を細かく集計し、分析することができます。

その結果、流行の変化などにも機微に対応しやすくなり、過剰在庫等のリスクを低減できるのも製造業にCRMツールを導入する理由と言えるでしょう。

製造業で営業管理ができていないと起こり得る問題とは?正しい管理方法もご紹介!

製造業にCRM(顧客管理システム)を導入する3つのメリット

製造業にCRM(顧客管理システム)を導入する3つのメリット

製造業にCRM(顧客管理システム)を導入すれば、業務の効率化や部門全体の連携力を高めるなどさまざまなメリットがあります。製造業にCRMを導入する具体的なメリットは以下の3つです。

  1. 情報の一元管理による業務効率化
  2. 活動状況の可視化によるKPI管理と生産管理
  3. 顧客ニーズを把握することで効率的な営業活動を促進

ここでは、製造業でCRMツールを導入するメリットについて解説します。

1. 情報の一元管理による業務効率化

製造業にCRMツールを導入すれば、情報を一元管理できるため、多くの業務を効率化できるメリットがあります。名刺などの情報もスピーディに一元管理できるほか、CRMツールで管理したデータは担当者以外も閲覧できます。

そのため、各種担当者の連絡等を待たずとも、部署間の情報共有を容易に行えるのがメリットです。営業活動全体の業務を効率化すれば、一人あたりの生産性を引き上げ、人手不足の課題も解消しやすくなります。

また、製造業にCRMツールを導入すれば、リアルタイムで情報共有できるのもメリットのひとつ。ニーズや在庫数を適宜チェックできるため、在庫問題などを解決する効果も期待できます。

2. 活動状況の可視化によるKPI管理と生産管理

製造業にCRMツールを導入するメリットに、「活動状況の可視化」「KPI管理と生産管理の効率化」があげられます。現在どのような案件対応なのか、進捗を含めてリアルタイムで共有すれば、可視化しづらかった活動状況を浮き上がらせられるのがポイントです。

また、評価基準に必要な「定量的数値」を管理しやすく、評価基準を統一化できるのもCRMツールを導入するメリットです。KPIなど目標達成に必要な数値を社内で共有しやすく、適切な評価を行いやすくなるため、部門や組織のモチベーション向上にも繋がります。

さらに、進捗遅延などのトラブルがあれば即時検知により対応漏れも抑制。顧客と良好な関係性を維持しやすくなります。製造業にCRMツールを導入すれば、顧客/担当/案件軸で行動を可視化でき、適切なKPI管理と生産管理を実現できると言えるでしょう。

3. 顧客ニーズを把握することで効率的な営業活動を促進

製造業にCRMツールを活用すれば顧客情報を蓄積できるため、データ分析にもとづく効率的な営業活動を促進できるのもメリットです。顧客のランクや属性ごとに応じて、適切なアプローチによる営業活動を実現しやすくなります。

また、顧客情報の一元管理によって、ニーズを細かく蓄積していけるのもポイントです。クレームを含む顧客対応もすべて履歴を一元管理すれば、社内全体で顧客への対応力を高められます。

また、ニーズの分析に基づいて、顧客満足度を向上させやすいのもCRMツールがもつメリットのひとつ。情報共有のタイムラグをなくし、部署全体で一人ひとりの顧客対応ができるため、従来よりも成約率を高めた取引が期待できます。

顧客管理システム(CRM)とは?導入メリットとおすすめ15選を徹底比較

CRMとは?機能や導入メリット、SFAとの違いから活用事例まで

製造業向けおすすめCRM5選を比較

製造業向けおすすめCRM5選を比較

製造業にCRMツールを導入して、従来抱えていた課題を解決した事例は数多く存在します。そのため、自社の営業活動を効率化したいとお考えの方は、製造業向けのCRMツールを導入するのもおすすめです。

製品名1ユーザーあたりの月額費用目安(税別)※年間契約における割引を含む
Salesforce Sales Cloud・Starter:3,000円
・Professional:9,600円
・Enterprise:19,800円
・Unlimited:39,600円
GENIEE SFA/CRM・スタンダード:2,980円
・プロ:4,980円
・エンタープライズ:9,800円
Microsoft Dynamics 365・Professional:8,125円
・Enterprise:11,875円
・Premium:16,875円
Zoho CRM・スタンダード:1,680円
・プロフェッショナル:2,760円
・エンタープライズ:4,800円
・アルティメット:6,240円
eセールスマネージャー・スケジュールシェア:3,000円
・ナレッジシェア:6,000円
・スタンダード:11,000円
(30名以下)
・グループ:1,000円
・スタンダード:3,500円

ここでは、製造業向けおすすめのCRMツール5選を徹底比較して紹介します。

1. Sales Cloud

Sales Cloud

セールスフォース社が提供するSales Cloudは、クラウド型のCRMツールです。製造業を始めとする多くの企業に活用されており、世界規模で導入されている豊富な実績が魅力でもあります。

顧客情報の管理から営業活動の分析、進捗レポートまで豊富な機能が搭載されているのも特徴のひとつ。多機能さによって幅広い業務を効率化できる一方で、導入・運用にある程度の専用知識が求められます。

そのため、自社にITリソースがなければ適切な運用スタートまで時間がかかってしまうかもしれません。また、機能が豊富な分価格相場も高めになっており、コストを抑えてCRMツールを導入したい場合は、ほかのツールも選択肢に上がります。

Salesforce(セールスフォース)とは?機能・活用メリット・料金・評判まで

Salesforce Cloud(セールスフォース)についてはこちら

2. GENIEE SFA/CRM

GENIEE SFA/CRM

GENIEE SFA/CRMは、低価格ながらも機能を細かく搭載できるCRMツールです。豊富な機能とサポート体制で、製造業での導入実績も多数存在します。ほかの大手CRMツールに比べて、かかるコストが1/3と低コストで導入できるのも魅力のひとつ。

GENIEE SFA/CRMには顧客管理機能から営業支援まで幅広い機能が備わっており、営業活動や顧客管理面の効率化に大きく貢献してくれるのが魅力です。スマホやタブレットでの直感的な操作にも対応しており、外出先でも情報をリアルタイムで共有できます。

顧客情報をスマホ1つでリアルタイム反映すれば、在庫管理数などの齟齬も生まれにくいのがメリット。平均1~2ヶ月で運用開始できる手軽さと、定着率99%のシンプルさにより、導入ができるか不安を抱えている製造業の方にもおすすめのCRMツールと言えるでしょう。

1977年から製造業向けの検査装置を生産している専門メーカー「株式会社ヒューテック」様では、既存顧客との関係性を管理・共有できるCRMツールを探していました。すでにCRMツールを導入していたものの、活用が営業部門に限られ、製造部門や開発部門まで浸透させられなかったのが課題だと言います。

そこで、定着率99%の「GENIEE SFA/CRM」をご導入いただきました。

部門を横断して情報をリアルタイムで共有できるようになった結果、現場で発生している修理や不具合対応をタイムリーに製造・開発部門まで届けられるようになったとのこと。顧客の対応状況を一元管理することでトラブル発生から経過時間、対応フローまで可視化され、従来よりもトラブル解決までにかかる時間の短縮に成功したと述べられています。

全社全体で蓄積したデータを活用するようになったため、新たな視点から改善ポイントを探せるようになったのも有り難いと、嬉しいお声が寄せられています。

株式会社ヒューテックの事例はこちら

70代の社員でも使えるITツールとして「GENIEE SFA/CRM」を継続利用

道路機械の製造・組立・販売を行っている「関東鉄工株式会社」様では、各自が独自でExcelを管理していたため、報告内容のバラつきやマネジメント面に課題を抱えていました。また、社内の年齢層も高く、DX化やITツールの利用に抵抗感を覚えていたとも言います。

そこで、シンプルで使いやすい「GENIEE SFA/CRM」をご導入いただきました。

多くの項目がプルダウン式のため、ITが苦手な60代、70代の営業担当にも浸透。データの抽出やグラフ化などもお手軽で、フォーマットに合わせて自由に加工できるカスタマイズ性も魅力を感じていただけたとのこと。

「属人的な報告書の廃止」「グラフやレポートは作成時間がゼロ」など、統一フォーマットでの情報共有によってマネジメント面にも効果が出たほか、「やらされている感」を払拭して社内の理解を得られたのは大きな魅力と、使い勝手の良さを高く評価していただけました。

関東鉄工株式会社の事例はこちら

3. Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365は、Microsoft社が提供しているCRMツールです。SFAやERPなどの機能も内包されており、Excelなど既存システムとの連携力にも優れています。たとえば、ExcelやWordで作成したデータや請求書、発注書などもシステムで一括管理できるのが魅力です。

また、Microsoft Dynamics 365はデータがクラウド上に管理されるほか、Microsoft Officeのデータもまとめて管理できます。世界的な企業でも導入されており、Microsoftブランドの信頼度も高いのが魅力です。

Dynamics 365(CRM)とは?基本機能から評判までご紹介

Microsoft dynamics 365はこちら

4. Zoho CRM

Zoho CRM

Zoho CRMは、Zohoが提供するSFA・CRM機能が搭載されたツールです。製造業での導入実績も多数あり、世界で25万社以上が活用しています。顧客管理機能に加えて営業を支援するさまざまな機能も内包されており、営業分析やMA、AIなど充実した機能性も魅力です。

製造業向けCRMだけでなく、幅広い業種で採用される多機能さが魅力を集めています。また、無料プランも用意されており、事前のお試し利用も可能です。導入のハードルを抑えて、使用感を試しやすいのも魅力だと言えます。

Zoho CRM(ゾーホー)はこちら

Zoho CRMとは?特徴から料金・評判、運営企業について

5. eセールスマネージャー

eセールスマネージャー

ソフトブレーングループが提供するeセールスマネージャーは、中小企業を始めとして、製造業など幅広い業種で導入実績があるCRMツールです。導入から運用までのサポートが充実しており、導入後も「サポートデスク」「専任アドバイザー」「オンライン研修」「支援Webサイト」などの継続したサポートを受けられます。

シンプルなUIも特徴的で、簡単な操作性によりITスキルに自信が無い方でも活用しやすいのが魅力のひとつ。また、料金プランの設定もリーズナブルで、システムの使用感チェックなど、コストを抑えて導入したい製造業の方にもおすすめのCRMツールです。

eセールスマネージャーRemix CLOUDについてはこちら

eセールスマネージャーRemixを徹底解剖!基本情報から評判まで

CRMツールの選び方について

CRMツールの選び方について

製造業向けCRMツールを選ぶときは、さまざまなポイントを比較検討してから導入するのをおすすめします。自社とミスマッチなツールを選んでしまうと、導入コストだけがかさんで肝心の効果を得られない可能性も否定できません。

製造業向けCRMツールを選ぶときに着目すべき3つのポイントは以下のとおりです。

  • 使いやすいか
  • 既存システムとの連携
  • 製造業界の実績があるか

ここでは、効果的なCRMツールの選び方を解説します。

使いやすいか

製造業向けに限らず、CRMツールを導入するときは使いやすいかどうかに着目するのがベストです。実際に、CRMツールを導入しても社内になかなか定着せず、実際の運用効果を得られなかった事例も少なくありません。

経営目線では魅力に感じても、現場担当者からの理解を得られないと浸透せず、導入コストがムダに終わってしまう可能性もあります。そのため、製造業向けCRMツールを選ぶときは、「システムが使いやすいか」「専門知識がなくても使えそうか」「全社に定着できそうか」などに着目しましょう。

また、合わせてサポート力の優れたベンダーを探してみるのもポイントです。たとえば、定着率99%を誇るGENIEE SFA/CRMでは手厚いサポートを実施しており、使いやすいシステムとあわさって導入効果を実感しやすいメリットがあります。

既存システムとの連携

製造業向けCRMツールを選ぶときは、既存システムとの連携力も比較検討するのをおすすめします。たとえば、顧客管理と連携して自社の在庫管理システムを連動させれば、常に適切な在庫数を把握・管理しやすいメリットがあります。

既存システムとの連携力に長けていれば、在庫数や人材、資源等を含めたERPをまとめて管理しやすくなるため、経営戦略を立てやすいのもメリットです。

その際は、カスタマイズ性に優れているかも比較するポイントのひとつ。カスタマイズ性に優れたCRMツールなら、製造業界のルールや仕組みに合わせたシステムを構築しやすいため、ストレスなく活用しやすくなります。GENIEE SFA/CRMは、カスタムオブジェクト機能があり、在庫管理機能を実現することも可能です。

また、自社のITリソースが足りていない場合は、受託開発を請け負っているベンダーに外注してみるのも選択肢のひとつです。GENIEE SFA/CRMなら受託開発を請け負っているほか、細かいカスタマイズにも対応しているため、貴社の既存システムと密な連携を実現できます。

製造業界の実績があるか

製造業での導入実績があるかどうかも、CRMツールを選ぶうえで重要なポイントです。CRMツールは多種多様な業界で活用されているものの、業界ごとに求められる機能性の傾向が異なるのも事実です。

製造業界の実績があるCRMベンダーなら、「業界のあるある」を把握しているため、導入前後で必要な機能などを提案してもらえるメリットもあります。たとえば、製造業界では在庫管理等の連携力も重要です。しかし、導入実績のないベンダーでは的確なシステム連携を実現できないかもしれません。

製造業界の実績が豊富なCRMツールなら、業界基準に合わせたサポートを受けられるため、導入・運用をスムーズに行いやすいメリットがあります。

【2024年最新】CRMの導入費用の相場とは?タイプ別の費用からおすすめ製品まで徹底解説

【2024年1月】CRMツール10選を徹底比較!機能から選び方まで解説

製造業向けCRMのまとめ

製造業向けCRMのまとめ

人手不足などさまざまな課題を抱えている製造業では、顧客管理を始めとする業務の効率化に「CRMツール」を導入する事例が増えつつあります。市場や顧客ニーズの目まぐるしい変化に対応し、適切なアプローチを継続して行うためにも、顧客情報の管理は必要不可欠です。

そのうえで、在庫管理システムなどとスムーズに連携できるCRMツールなら、企業全体の営業効率を引き上げられるメリットもあります。

もし、製造業向けCRMツールをお探しの場合は、「GENIEE SFA/CRM」のご利用をご検討ください。操作性や使いやすさに定評があり、定着率99%を誇る実績もあります。

大手SFAツールと比較して1/3の料金でご利用いただけるコストパフォーマンスの良さが魅力なほか、細かいカスタマイズや受託開発も請け負っておりますので、貴社の状況に合わせたCRMツールのご提供が可能です。

製造業での実績も豊富にありますので、CRMツールをお探しの方は、この機会にぜひお気軽にご相談ください。

GENIEE SFA/CRMの資料ダウンロードはこちら

GENIEE SFA/CRMの無料トライアルはこちら

SFAとCRMを兼ね備えた国産営業管理ツール「GENIEE SFA/CRM(ちきゅう)」


蓄積された営業データを活用して売り上げを向上させるなら「GENIEE SFA/CRM」

定着率99%の国産SFAの製品資料はこちら

なぜ「GENIEE SFA/CRM」が選ばれるのか
  • SFAやCRM導入を検討している方
  • どこの SFA/CRM が自社に合うか悩んでいる方
  • SFA/CRM ツールについて知りたい方

個別相談会無料トライアル定着率99%国産SFA「ちきゅう」
個別相談会無料トライアル定着率99%国産SFA「ちきゅう」

新着記事

CRMに関連する記事

目次へ戻る

導入企業6,300社、定着率99%!
「GENIEE SFA/CRM」資料はこちら