2020.03.05 / ビジネス戦略 

シリコンバレーの“伝説のコーチ”に学ぶ
チームの結束力を高める「コーチ力」

Pocket

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ、グーグル創業者のラリー・ペイジ、Amazon創業者のジェフ・ベゾス……といった名だたる経営者に影響を与えたのが、シリコンバレーの伝説のコーチ、ビル・キャンベル。今回は、そのキャンベル氏が企業を成功に導いたハウツーを説いた『1兆ドルコーチ』(ダイヤモンド社)から、生産力をあげるチームを作る「コーチ力」について紹介します。

組織のリーダーに必要なのが、「チーム」をまとめる統率力。良いチームを作ることは、会社の売上や業績に直結する重要な要素です。しかしそのチームづくりがなんとも難しいのです。どうメンバーをまとめて好成績を残すのか、リーダーは頭を抱えていることでしょう。では、ビル・キャンベル氏に学んでみましょう。

 

「チーム・ファースト」こそ、企業を成功に導く

シリコンバレーの名だたる企業を成功に導いたビル・キャンベル氏は、アメリカンフットボールのコーチ出身でありながら、プロ経営者としても手腕を発揮します。会社経営においても重要なのは「チーム力」だとし、多くの経営者をコーチングすることで成功に導きました。彼のコーチングによる企業再生の功績は、1兆ドルを超えるほどの影響力があったといわれたことから「1兆ドルコーチ」の異名を持つことに。

<人は職場の協力的なコミュニティの一員だと感じると、仕事に対する意欲が高まり、生産性が上がることが、研究により示されている。逆に、職場にそうしたコミュニティが欠落していることは、仕事での燃え尽きの主な要因になる>
エリック・シュミット『1兆ドルコーチ』(ダイヤモンド社)

仕事におけるやりがいは、その内容や目標達成だけではありません。仕事におけるモチベーションに大きく関わってくるのが仕事の進めやすさ。社内でのコミュニケーションが円滑かどうかで仕事の進めやすさは大きく代わり、仕事の効率化にも影響します。

<個人より集団の業績を優先する人たちのチームは、そうでないチームに比べ、一般にパフォーマンスが高い。したがって、そうした「ライバルたちからなるチーム」をコミュニティに変え、足並みをそろえて共通の目標に向かわせることが重要になる>
(同書)

肩を並べて仕事をする者同士がライバル関係にあると、コミュニケーションに支障をきたす場合が増えてきます。足並みをそろえ、同じ目標を目指すことこそが、チーム力を高める基本の考え方だ、とキャンベル氏は説きます。

 

「コーチ力」こそが、部下を育てる

コーチという考え方はスポーツだけで、ビジネスにおいてはその限りではないのでは?と思うリーダーも多いかもしれません。

<社内のすべてのチームにコーチを雇うのは、可能でも現実的にでもないし、そもそも正解でもない。なぜならどんなチームにとっても、最高のコーチとは、そのチームを率いるマネジャーなのだ。有能なマネジャーやリーダーになるためには、有能なコーチにならなければならない。コーチングはもはや特殊技能ではない。(略)マネジメントのスキルは人にまかせられるものもいが、コーチングはちがう。これこそが、ビルが私たちに教えてくれたいちばん大切なことだ。(略)パフォーマンスの高いチームに不可欠な要素が、卓越したマネジャーと思いやりのあるコーチの両面を併せ持つリーダーだ>
(同書)

本書では彼独自のやり方でチームを強化するメソッドがいくつか綴られていますが、今日からでもできる興味深いメッセージを3つ、ご紹介します。

<「『旅の報告』から始める」 チームメンバーの連帯感を生み出し、高めるために、旅の報告など仕事以外のプライベートな話題からスタッフミーティングを始めよ>
(同書)

仕事とは全く違うアプローチの話題から、コミュニケーションが一気に深まることがあります。あえて会議に、プライベートな話題を持ち込んで結束力を高め、生産性を高めることに繋げるという考え方です。

<「問題そのものより、チームに取り組む」
問題や機会に直面したら、最初のステップは適切なチームを適所において問題に取り組むことだ>
(同書)

仕事において発生する好機やトラブルは、そのものをどう解決するかを考える前に、そのものを解決するにはどの人材が適しているかを考えるのがリーダーの役目ということになります。

<「『親身になる許可』を自分に与える」
メンバーのことを知り、気にかけると、チームを導くことはずっと楽しくなり、チームは実力を遺憾なく発揮できる>
(同書)

仕事にプライベートなことを持ち込むのはナンセンスでは……と思いがちですが、大きな視点で捉えると実はそうではありません。とくにリーダーのポジションにいる人は、チームメンバーのことを深く知ることで仕事にその特性を生かしやすくなります。

能力主義などで個人の成果が問われることも多い現代ですが、チームで仕事をすることで、仕事の生産性を上げられるシーンもあることでしょう。そこで試してみたいのが、チームで業務や進捗を共有し、効率よく計画、実行するための機能を備えた営業支援ツール・SFAの導入。情報を一元化し、可視化することはチーム力を強めることにも通じ、業務の効率アップに繋げます。詳しくはこちら

SFA ちきゅう

ビジネス戦略に関連する記事

新着記事

ページ上部へ戻る