• Home
  • コーポレートブログ Geniee’s BLOG
コーポレートブログ

Geniee’s BLOG

ジーニーは最先端の広告テクノロジーで
顧客の収益を最大化します。

こんにちは。事業開発本部Quality Assuranceチームです。

以前GENIEEエンジニアブログで「アドフラウドに対する技術的な取り組み」というタイトルでアドフラウドに対するGENIEEのシステム的な取り組みをご紹介させていただきました。
昨今様々なメディアやテレビなどで取り上げられているように、アドフラウド(不正広告)によるインターネット広告の不透明性が問題となっております。
以前はシステム的な取り組みのご紹介がメインとなりましたが、今回は主にサプライサイドの総合的な対策を中心にご紹介させていただきます。

GENIEEでは現在アドフラウドに対する取り組みを大きく3つの軸に分けて行っております。
・ブランドセーフティの確保(メディアの品質)
・不正実装対策(広告枠の品質)
・Traffic Qualityの担保(トラフィックの品質)

それぞれの品質を担保するための対策についてご紹介してまいります。

 

1.ブランドセーフティの確保

アドフラウド対策の1つ目の軸は「ブランドセーフティの確保」です。
GENIEEでは従来、新規媒体社の登録時の法務による審査や成人コンテンツや報酬付与型のメディアに対する広告案件及び広告事業者の配信の制限、JIAAより共有いただくNGメディアリストへの配信制限等を行っておりました。
しかし、ブランド価値を重視する広告主の意向により沿った広告配信を実現するため、媒体審査基準のさらなる精緻化を行い、審査フローを再整備いたしました。
新規登録されるウェブサイトに関して、不正実装と同様に第三者機関に委託して目視チェックを行っております。
また、すでに広告配信している既存のウェブサイトにつきましても、定期的に抽出し目視チェックを行うことで再審査するフローを実行しております。

 

2.不正実装対策への取り組み

アドフラウド対策の2つ目の軸は「不正実装の取り締まり強化」です。
GENIEEでは「広告実装ガイドライン」を施行することで不正実装の基準を具体的に明確化しております。
それに基づき、ガイドライン違反となる実装を自社開発の独自ツールで検出し、さらに第三者機関に委託して目視チェックを実施しております。媒体社側に是正勧告をしても是正されない場合には配信停止措置も行っております。
今後はツールにおける不正判定精度を上げていくとともに、検知頻度を増やしていき対策強化を計ってまいります。

 

3.Traffic Qualityの担保

3つ目の軸は「Traffic Qualityの担保」です。Traffic Qualityとは簡単に言えばそのメディアに対するアクセスの品質です。低下させる要素としてはボット等の不正なアクセス、なりすましといったものが挙げられます。
GENIEEでは以前からAds.txtの設置率のモニタリングや異常なCTRが見られた枠の目視確認等の対策を行ってまいりましたが、アドフラウド対策の文脈でよく語られるような以下の課題にGENIEEも突き当たりました。

■主な課題点
・ エンジニアの稼働が調査に大きく必要となる
・多様化したデータパターンを把握しきれない
・データ分析者の先入観による取りこぼしの懸念
・膨大なトラフィック量に対して分析が追い付かない

上記を解消するため、GENIEEでは従来の対応に加えて「Forensiq(公式サイト)」というアドベリフィケーションツールを併用し、Traffic Qualityの品質を計測及び改善対策を行っております。
「Forensiq」はMedia Rating Council※1やTrustworthy Accountability Group※2といったアドフラウド対策団体に認定されたアドベリフィケーションツールです。対応スピードの向上やさらなる透明化を目指すために第三者の視点のアドベリフィケーションツールを導入しています。

Forensiqには複数のデータポイント(分析軸のようなもの)があり、それぞれに対し必要な対策を弊社で判断し実施しております。実態の目視確認、ブラック・ホワイトドメイン配信機能や配信可能事業者の制限、各メディアに是正勧告など対策は多岐にわたりますが、検知、対処方法について不足があれば、エンジニアの協力を得ながら計測用の独自ツールを開発し、対策用の新しい機能を開発しながら進めています。

※1 アメリカのメディア調査会社の監査や認定審査を行う業界団体
※2 アドフラウド対策、ブランドセーフティ領域で世界最高水準の認定団体

 

終わりに

今回は現状GENIEEが行っている取り組みの一部をご紹介させていただきました。
しかしこれらが完璧な対策だとは考えておりません。アドフラウド対策は一度作って完成するものではなく、継続的な分析と改善を行い続けることでより強化していくべきだと考えております。
GENIEEでは日々新しい技術や機能が開発されています。今後新たな広告技術が開発されていけば、それらをターゲットにした新たな不正技術もまた生まれうることでしょう。
広告主にとってもメディアにとっても、より透明性の高いアドプラットフォームであるために、これからもQuality Assuranceチームはアドフラウドと闘い続けてまいります。

以上、アドフラウド対策の概要でございました。
ご覧くださりありがとうございました。

Date
Author
ジーニー広報

こんにちは、19卒内定者インターンの稲田です。

春休みで就活に集中する人も多いのではないでしょうか。自分が本当にやりたいこととは?自分に向いていることってなんだろう?と考えれば考えるほど不安になることもあると思います。焦らないで自分のペースで将来を考えていってほしいです。

忙しさは人それぞれですが、まだ時間のある今だから、ジーニーの社員についてもっと知ってもらいたいです!そこで説明会では伝えきれないジーニー社員の情報について、このブログでお伝えしていきます。
今回は部署・年齢・性別様々な社員の休日の過ごし方についてご紹介します。社員には全体会という場でインタビューしました。

社員の趣味や休日の過ごし方に共感する方もいると思うので読んでみてください。ちなみに私は毎週土曜日は歯科助手のアルバイトで患者さんの歯を見てます。


では、早速ジーニー社員の休日を紹介します!

 

目次

1.社長(工藤)の休日
2.20・30代女性社員の休日
3.20・30代男性社員の休日
4.パパ社員の休日
5.感想

 

1.社長(工藤)の休日

まずは、工藤の休日を紹介します。

基本的には毎週の土日のうちの片方は仕事に関連することに時間を使い、片方はオフ中心にしているということです。オフではゴルフの練習、水泳、英会話、読書、たまに旅行…予想以上にアクティブでした!週に1冊は本を読んでいるとのこと。

工藤はジーニーのゴルフ部の部長もしています。今週末は、ジーニー幹部社員とお取引先の偉い方と一緒に、ゴルフに行く予定と言っていました。

 

              <ゴルフ部活動記念>

11月の連休には京都の強力なパワーの神社でジーニーの将来のことをお祈りしたそうです!

              <京都賀茂別雷神社>

趣味は、通いやすい場所で効率的にすることが続けるコツだと言っていました。工藤は会社と家との距離も近いのですが趣味も全て徒歩10分以内のところで済ませています。

 

2.20・30代女性社員の休日

続いてこのブログの対象としている就活生や、これからジーニー社員について知る19卒内定者と年齢が近い先輩社員の休日を紹介したいと思います。

最初に20・30代の女性社員の休日についてです。今回はコーポレート職・営業職の社員にインタビューしました。

海外ドラマやテラスハウス視聴、脱出ゲームやVR体験、ジーニー研修部(旅行部)での旅行、ジャズライブ、ライブ鑑賞、姉妹で東京観光、読書、ボクササイズなどでした。

ジーニー研修部では奥多摩に紅葉を見に行ったそうです。夜には会社の将来について議論をしました。普段仕事で関わりがなくても部活を通して社員同士親しくなれそうですね。

    <研修部メンバー 男女・部署・年代関係なく参加しています!>

                 <研修部>

すごくスタイルの良い社員がボクササイズをしていると答えていました!ジムよりやるべきことが明確でおすすめだそうです。

海外ドラマやテラスハウスは19卒内定者にも人気です。動画視聴や読書などゆっくりお家で休日を過ごしている社員もいることが分かって安心しました。

 

3.20・30代男性社員の休日

20・30代女性社員の休日を紹介したのと同様に、続いては20・30代の男性社員の休日についてです。今回は営業職・エンジニア職の社員にインタビューしました。

営業の男性社員からの答えは、
おしゃれカフェ巡りのインスタアップ、彼女のためにご飯を作って一緒にランチ、YouTube視聴、新宿でショッピングなどでした。

カフェ巡りをしている社員のおすすめのカフェは青山にあるカフェだそうです。彼女のためにご飯を作っていると答えてくれた方は、趣味が料理で、お弁当も作っているそうです。

      <営業社員の手作りチャーシュー おいしそうです…!>

またエンジニア職の社員は、魚釣りやカラオケ、フットサル、休日も趣味でプログラミングをしているとのこと。

魚釣りが大好きな社員は、最近では、大学の同期(ITベンチャー企業勤務)と三宅島にかつおを釣りに行ってきたそうです。

       <エンジニア社員 釣りの記念写真 嬉しそうです!>

    <エンジニア社員 釣った魚は自分でさばいて調理するとのこと!>

頭を使うゲームが好きと答えてくれた先輩社員は、好きなプログラミング言語で書けることが、ジーニー入社の決め手だったことも教えてくれました!

 

4.パパ社員の休日

全体会で休日の過ごし方についてインタビューしていたところ、パパ社員の方が3人いたので、特別枠で紹介したいと思います。

休日は、ゴルフの打ちっぱなしや筋トレ、お子さんと公園で遊ぶ、ショッピングモールに家族でお出かけ、野球チームのコーチをしているそうです。
家族大サービスな休日の過ごし方ですね!

             <パパ社員 休日公園で>

 

5. 感想

インタビューで社員の皆さんの休日を知れて親近感がわきました。気さくに話して写真まで快く見せてくれた皆さんありがとうございました。インターンには週1日しか参加できていないので、1番関わりのある人事部の方でも、休日の話を聞いてギャップを感じたりしました。全体会というイベントがあることも今回初めて知ったのですが、リラックスしながら話せてこれからこのようなイベントに参加できるのが楽しみだと思いました。

〈全体会とは?〉部署ごとに約1月に1度、仕事内容の情報共有と表彰の機を目的にしたフランクに社員交流ができるイベントです。最後に懇親会の時間もあり、その機会に質問しました。懇親会では笑い声が絶えず、皆さんリラックスしていたので、気軽に初対面の方とも話すことができました。

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、19卒内定者インターンの稲田です。
インターンを始めてから3か月が経ち、社員の方から家族旅行の話を聞いたり、お子さんの話を聞いたりする中で、家庭をもちながら働いている状況を知る機会が増えてきました。
ライフステージが変わるとジーニーでどのような働き方ができるのか疑問に思ったので、産休・育休を取得し復職を経験した社員に、仕事と子育ての両立について聞いてみました。

そこで今回は、人事部、古内を紹介します。
古内は、中途でジーニーに2013年に入社し、今年で6年目になります。

普段は、人事部で中途・新卒採用や社内イベントの運営をしています。子育ての話だけでなく、その他の趣味についても話してくれるので、まさに仕事もプライベートも充実している憧れの先輩社員!です。
そんな古内に 「仕事と子育ての両立」についてインタビューしました。

目次

1.産休・育休取得方法
2.産休・育休中の会社との関わり方
3.緊張のジーニー復職、周りの反応は?
4.仕事と子育てを両立するには
5.ジーニーの子育て支援の未来
6.感想

 

1.産休・育休取得方法

なんと、ジーニーで最初に産休・育休を取得した社員が古内だそうです。
当時、社員数はまだ50人くらいと少なかったので、年齢的に社内で1番目の産休・育休取得者でした。

ー産休・育休取得の前例がないときに、どうやって取得されたのですか?

まず上司や社長に相談しました。
産休がとれるかどうか聞いたところ、社長の工藤からは「もちろんだよ、戻ってくるのを楽しみにしてるよ!」と言われました。
その結果、ジーニーで初の産休をとることができました。

ー産休取得に対する社員の反応はどうでしたか?

皆歓迎してくれました!
産休前の最後の出社日に、同僚がランチ会を開いて見送ってくれました。
歓迎してくれたことで安心して産休に入ることができました。

2.産休・育休中の会社との関わり方

ー産休・育休の間はジーニー社員とは連絡はとっていましたか?

産休に入ってからも社員の方と連絡はとっていましたね。
メールで会社の状況を共有してもらってました。
例えば、私が在籍していたところに新しい社員が入ったことや、健康診断のお知らせなどの連絡をもらいました。
また、職場の人とごはんに行ったりもしました。

3.緊張のジーニー復職、周りの反応は?

仕事に復帰する時、どんなお気持ちでしたか?

とにかくドキドキしました!
会社も成長していたので、知らない人が増えている状況や、仕事に頭がついていくかどうか、周りがどのような対応をしてくれるか不安でした。

ー仕事に復帰してみて、どうでしたか?

復帰初日に子どもが熱を出したので大変でした。
そのときは夫に協力してもらい、出社しました。
その後も、子どもが月1で熱を出し、睡眠不足や子どもの心配、慣れない仕事に大変だと思うこともありました。

ー育休後からどんな部署で復職されましたか?

復職直後は、産休前に所属していた統括部(=事業部付けの経理)とオペレーション部兼任で復職しました。
しかし、時間の制約がある中でパフォーマンスを出せる働き方について自身で考えることが多くなるうちに
「自身の産休・育休の経験を活かしてダイバーシティな働き方を提案していきたい、制度を整えていきたい」
という思いが強くなりました。

事実、上司へ提案し、それまで制度として存在しなかった時間枠での働き方を実現させたこともあり、さらに主体的に動こうと人事部へ異動しました。

ー復帰して大変だったことはなんですか?どう乗り越えましたか?

復帰後すぐは仕事と子育ての両立に慣れず、時間がないことが大変でした。
そんな中でも、会社の上の立場の人たちが、復職後快く受け入れてくれたことが支えで乗り越えられました。
取締役が、「家庭第一優先」と言ってくれたことや、子どもの体調不良で帰っても、誰も責めない社内の雰囲気が良かったです。
仕事を再開して大人と話すことや夜ご飯に行くことも楽しみでしたね。

ー復帰してよかったと思うことはなんですか?

家庭と職場という二つの場所ができたことですね。
大変な面もありますが、意外と両立できてるし働く事はやはり楽しいです。
日中会えない分、帰宅後とお休みの日は子供との時間を大切にしています。
子供は保育園とお友達が大好きで、今日何をしたか?を毎日楽しそうに話してくれます。1歳から保育園に預けることは寂しさと不安が大きかったですが、子供にとっても良かったのではないかと思っております。

4.仕事と子育てを両立するには

ー仕事と育児を両立する上で大事にしていることはありますか?

仕事も家庭もおろそかにしないことです。そして、夫の協力があって両立できていることを忘れないことですね。また、子育てと仕事の両方をすることが少しでもしんどい時は、上司に相談して無理をしないことが大事だと思います。

ー1日のタイムスケジュールを教えてください

05:50:子どもの起床時間に合わせて起床
06:30:子どもの朝食を用意
07:00:家を出発
08:00:出社
17:00:退社
18:00:子どものお迎え
19:00:夕食
20:00:お風呂
21:00:子どもとの触れ合いの時間、寝かしつける
21:30:家事
22:30:就寝
子どもが早く起きるので5時台に起こされます。朝食の用意やお迎えなど子どもの世話と家事、仕事に毎日やることがたくさんあります。

ーこのような過密スケジュールの中でどのように息抜きをしていますか?

友達とのご飯や、家族旅行が息抜きですね。育児は大変なこともありますが、家族皆で旅行して喜ぶ我が子を見ると、普段の疲れも吹き飛びます。

ー両立する上で、「これが役に立った!」というものがあれば教えてください

なにより上司や周りの同僚が家庭第一優先という考え方に寄り添い理解してくれたことです。前例が無かった8時出社17時退社の時間も、一番近い上司(廣瀬)に相談して実現しました。あとは出勤時間の融通が利いたことですね。

5.ジーニーの子育て支援の未来

 

ーベンチャー企業は育休が取りにくい印象がありますが、ジーニーはどうですか?

そんなことはないですよ。
前から文化としてはあり、社員の年齢的にこれから増えていくと思いますし、それをサポートする体制も整えていくと思います!

ー女性社員のキャリアの不安を解消するためにどのような工夫をされていますか?

ママランチ会(社内4人のママが集まって)などのイベントがあります。
子育ての先輩社員に、次のステップの問題を相談できる場です。
例えば、小学校進学時の壁など、を先輩社員にアドバイスをもらっています。

ー性別に関係なく育休は取れますか?

もちろんです。エンジニア職の男性社員で育休取得の実績も複数あります。1か月だけ、半年間など、期間も様々です。

ーお子さんがいる社員同士のイベントはありますか?

計画中です!工藤もイベント開催に積極的な姿勢です。

ー関東IT保険を利用して子育てに便利だと思ったときはどのようなときですか?

出産育児一時金とは別に、IT健保ならではの付加金が出たので、ありがたかったです。
また、保養施設が充実しているので子どもと家族旅行を楽しめます。
私は、9月に館山、12月箱根の保養施設を利用して家族旅行をしました。

ー復職後1年半が経ちましたが、周りの状況は変化しましたか?

子供が成長して楽になったことも大変なこともありますが、
ジーニー社員に、子育て世代が増えてきて子育てについて話すことができるようになったのは嬉しいですね。

ー産休・育休中の社員にアドバイスをください

フェイスブックやプレスリリースで自社や業界の情報をキャッチアップすることはお勧めです!

ージーニーで産休・育休を取得してよかったと思うことはどんなことですか?

社員のみんなが産休・育休に入ること、そして復職することを心から温かく受け入れてくれたことです。
産休・育休に入る前から、ジーニーの人たちなら、受け入れてくれると思っていました。育休に関わらず、休みがとりやすい雰囲気があり、その雰囲気は2年間変わっていません。

ー新卒社員にそのような雰囲気づくりを継続するために求めることはなんですか?

周りの人を大事にし、相手の立場にたって考えることを大切にしてください!

6.感想

就活の説明会で古内さんの自己紹介を聞き、お子さんがいることを知ったときは本当に驚きました。いつも笑顔で疲れが見えないので、仕事と子育ての両立を始めから上手くできていたのだと思っていました。しかし、復職初日にお子さんが熱を出したり、睡眠不足が続き、大変だったという話を聞いて、予想以上に仕事と子育ての両立に苦戦していたことを知りました。
そのような状況で、ジーニーの取締役や社員が家庭第一優先という考え方に寄り添い、古内さんを応援していたことが、仕事と子育てを両立するうえで支えになっていたことが分かりました。

人事部で数か月のインターンを通し、普段から社員や社員の家族の健康などを気遣う様子を見て、心が温かい人が多い部署だなあと思っていましたが、今回の話を聞き、社内全体が互いを思いやり協力する会社なのだと思いました。
古内さん、インタビューに答えて頂きありがとうございました。私も周りの人を大事にし、相手の立場にたって考える人になれるよう努めます!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、19卒インターンの稲田です。ジーニーでは10/12(金)に9期3Qのキックオフが行われました。方針発表、表彰、懇親会と内容盛りだくさんなキックオフの様子をレポートします!

目次

1.キックオフとは
2.第一部:9期2Q振り返り、3Q方針、各部発表
3.第二部:2Q表彰、所信表明
4.第三部:懇親会(仮装コンテスト)
5.仮装コンテスト 優勝チームインタビュー
6. 感想

1.ジーニーのキックオフとは

キックオフとは、四半期に一度、 経営層から会社の方向性を共有し、活躍した仲間を称える、ジーニーが一丸になるための大切な行事です。Qの事業報告をして終わるのではなく、社員全体で集まり、楽しみながらお互いを称えあうキックオフを行うのがジーニー流です。

 

2.第一部:9期2Q振り返り、3Q方針、各部発表

第一部では代表の工藤から9期2Q振り返り、3Q方針が共有されました。その後、各プロダクト・各事業部の方針発表がありました。

そして今回、特徴的だったのがお客様からの弊社宛てのビデオメッセージ。
これはデザイン戦略チームが皆に秘密で作成してくれたもので、一部の冒頭でサプライズ公開され、社員一同驚いていました!

普段直接お客様の声を聞くことが難しいエンジニアからは「顧客の声を聞けて良かった」と好評でした。お客様の感謝の声が次の仕事の活力になりますよね!社員が喜びそうなことを考えて行動している仲間思いな企画だと思いました。

また、社員から第一部の感想として、
「経営トップがきちんと振り返り反省し、また次に展開する様子がオープンで良い」
「社長の結束という言葉がすごく良かった」
という声があがりました。

 

3.第二部:2Q表彰、所信表明

第二部では表彰と所信表明が行われました。

9期2Qの表彰から始まりました。 選定基準として、事業へ与えたインパクト、そのプロセス、全社へのメッセージ性などが考慮され、毎Q、部長陣からの推薦を元に経営会議にて決議のち受賞者が選定されています。
今Qは総数18組の推薦の中から選抜された方々が受賞されました!

今回は、Valuable Playerに2名、Valuable Teamに2チーム、Most Valuable Teamに1チームが受賞されました!

今回Valuable Player選ばれたのは、経理と営業社員で
2名とも、「困難な状況でも挑戦をし続けることがでる点」と「誰よりも目標達成に向けて諦めない点」が評価されました。

また今回Valuable teamに選ばれた3チームはいづれも部署横断のチームであり、様々な部署が協力することで、期待値越えを達成することができた点が評価されました。

そして授賞式では、推薦者からのお手紙と受賞者のスピーチがありました。
授賞式参加者からは、「手紙で受賞者の具体的なエピソードを聞くことができた。」という感想がありました。

 

4.第三部:懇親会(仮装コンテスト)

第三部は懇親会です!

また、今回は開催が10月ということでハロウィンの仮装コンテストを行いました。参加チームは若手~部長まで部署を跨いでグループを組み、仮装をします!ただ仮装するだけでなくそれぞれ演技や踊りを披露してくれました。

今回の出場者は「セーラームーン」「広告フォーマット擬人化」「おしりかじり虫」「ゴールデンボンバー」!

企画した人事もびっくりのクオリティの高さ(笑)で、会場を盛り上げてくれました!
さすがジーニー!コンテストに参加しなかった社員も、会社から持参した仮装グッズで仮装を楽しんでいました。
そして今回のコンテストでは4チームの中から全社員の投票で優勝が1チーム選抜されました!

仮装コンテストの感想では、
「仮装コンテスト出演者の方々やりきっていてとても楽しそう、次回このような催しがあれば皆を巻き込み参加したい。」
「優勝チームは当社ならではの創意工夫がありとてもよかった!」
という声があがりました。

 

5.仮装コンテスト 優勝チームインタビュー

今回は仮装コンテストで優勝した広告フォーマット擬人化チームのリーダー西山にインタビューしました!

Q:参加のきっかけは何ですか?

西山:「仮装コンテストのサポートもあるということで、気軽に参加しました。」

Q:仮装コンテストを通して仲が深まりましたか?

西山:「深まりました!本気でやるために時間を作って打ち合わせをしたり、練習したり、終わった後はご飯を食べました。仕事中は接点がない同期もいるため、協力して集まる良い機会になりました。」

Q:楽しみながら社員交流を深められましたか?

西山:「仮装コンテストは1部2部とは完全に別物ですという意識でめりはりをつけて3部ははっちゃけてできました。」

Q:リーダーとして何を行いましたか?

西山:「事前準備に力を入れました。多くの準備物が必要だったため、自分で機材を持ち込み調整し、当日も会場の下見をしました。事前準備は勝因の1つだと思います!」

Q:コンテスト内容の決まり方を教えてください

西山:「ミュージカルをやることも考えましたが、流行りの擬人化を活用して、広告フォーマットの擬人化に決定しました。」

Q:優勝した感想を教えてください

西山:「弊社だったら受けるネタと流行りのものを入れて、しっかりとした中身も考えたから優勝は当然だと思いました(笑)」

Q:次回も仮装コンテストに参加したいですか?

西山:「参加したいです。仮装コンテストでは色んな人のいつもと違う面を見ることができるのでとても良いですね。」      

Q:他社とのキックオフの違いを感じましたか?

西山:「仮装パーティをキックオフでやることは独特ですよね(笑)」

 

6.感想

今回キックオフの取材をし、キックオフについてより深く調べていくうちに、このイベントを通して社員同士の親睦を深めるためにジーニーが工夫していることや社員が楽しんで参加できていることを知ることができました。事実の報告をするだけでなく、社員同士が交流し次のQへのモチベーションが高められるような機会にしているところが素敵だと思いました。入社後はキックオフの仮装コンテストに参加してみたいと思います!

 

 

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、19卒内定者インターンの稲田です。
いよいよ20卒の就活が始まる時期ですね。
20卒の皆さん、周りと比べて焦らずに就活を進めてくださいね。

内定者だったとき、ジーニーでどのような人が働いているのかという情報や事業内容、工藤さんの人柄についての情報が少ないように思ったので、学生目線でジーニーの情報を発信するという目的でブログを書いていきたいと思います!

まずは私の自己紹介をさせていただきます。
19新卒入社予定で就活の軸は3点ありました。
1点め、BtoB企業であること。せっかく民間企業で働くのなら普段関われないBtoBの仕事がしたいと思っていたからです。

2点め、海外進出をしていて英語を使う機会がある会社であること。大学で英語を専攻してきたので社会に出て活かしたいと思っていました。

3点め、事業内容に興味がもてるかどうか。上の2点を満たす会社が多くある中で絞るために、3点目がありました。貿易関係の会社にも興味があったのですが、3年生のときにWebマーケティングの会社でインターンをしていた経験からWeb広告関係の収益の良さを肌で感じ、今伸びている業界で就職しようと最終的に思いました。

ジーニーに決めた理由はベンチャー企業で海外進出を目指している挑戦性と面接をSkypeで行ってくれる柔軟性(後述の通り最終面接を東京で行うことが難しかったです)に魅力を感じ入社を決めました。大手企業も受けていましたが、30人くらいの会社で一人一人の社員の性格を把握しながら働くことができたインターンの経験を通し、自分にはそのような環境があっていると思いベンチャーに決めました。学生時代は教職課程をとっており、今年の6月に地元で英語科の教育実習をしました。そのため最終面接はSkypeでお願いしました。

今回は、ジーニーに面接に来てくださる方に向けて、オフィスへの行き方と近くのカフェについて紹介していきます。面接時間ぎりぎりまでカフェで面接準備していたので、就活生に使えそうな場所も紹介します。

目次

1.東京メトロ丸ノ内線西新宿駅からジーニーまでの行き方案内
2.JR/小田急線新宿駅からジーニーまでの行き方案内
3.オフィス周辺のカフェとジーニーエントランス

1.東京メトロ丸ノ内線西新宿駅からジーニーまでの行き方案内

ジーニーのオフィスは
「東京都新宿区西新宿6-8-1住友不動産新宿オークタワー6階」にあります。
オフィスに最も近い駅は、東京メトロ丸ノ内線西新宿駅です。徒歩3分程度です。西新宿駅は丸の内線しか通っていないので、新宿駅よりも出口が少なく人も少ないのでおすすめです。

では、西新宿駅からジーニーまでの行き方案内始めます!

西新宿駅2番出口を出た後、左に曲がります。

矢印の方向に進み、交番が見えてきたらあともう少しです。

左手に写真の階段が見えてきたら到着です。写真のビルに入って、1番奥にあるビルが住友不動産新宿オークタワーです。

現在クリスマス前なのでオフィスエントランスの前には大きなツリーがあります!

 

2.JR/小田急線新宿駅からジーニーまでの行き方案内

JR/小田急線新宿駅からも徒歩20分程でオフィスに来ることができます。
では、新宿駅からの案内を始めます。

JR新宿駅西口を出た後、小田急線西口地上改札口に向かって階段を上ります。小田急線から来た人は、西口地上改札から出てください。

小田急線地上改札口を出た後、右に曲がりODAKYU HALK、UNIQLO方面に向かって歩きます。

まっすぐに歩いていくと横断歩道があります。ODAKYU HALKに向かって横断歩道を渡ります。

横断歩道を渡ったら、道なりに歩きます。すると、歩道橋があります。

歩道橋を矢印の通りに渡ります。渡り終えたら、河合塾方面の道をまっすぐ進みます。

矢印の方向に進むと、日蓮宗の常園寺が見えてきます。常園寺を通り越し歩きます。

常園寺近くの横断歩道をマクドナルド方面に渡ります。このまままっすぐ進むと丸の内線西新宿駅に着きます。ここからは先ほど紹介した西新宿駅からオフィスまでの行き方を参考にして下さい。

 

3.オフィス周辺のカフェとジーニーエントランス

就活の時、よく時間をつぶす場所をさがしますよね。
今回は、ジーニーから近い順番に時間をつぶせるようなカフェを紹介します!
そしてコンセントが使えるカフェには〇印を付けています。

1.【タリーズコーヒー(住友不動産新宿オークタワー)】
オフィスビルの1階にあります。座席が多く、騒々しさもなく落ち着いて作業できそうな場所だと思います。
https://map.tullys.co.jp/tullys/detailMap?account=tullys&accmd=0&bid=138&fp=top&key=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC&bitemtype=0&scl=5000&c21=1&pgret=2

2.【エクセシオールカフェ(日土地西新宿ビル)】〇
同じくオフィスビルの一階にあります。
https://sasp.mapion.co.jp/b/doutor/info/05000103/

3.【ジョナサン(新宿西口大ガード店)】
オフィスビルの道路を挟んだ反対側にあります。少し歩きます。
https://store-info.skylark.co.jp/jonathan/spot/detail?code=020500&_resl=true

4.【サンマルクカフェ(新宿アイランド)】〇
オフィスよりも西新宿駅に近いです。
https://www.saint-marc-hd.com/b/saintmarc/info/20343/

5.【タリーズコーヒー(西新宿駅前店)】〇
西新宿駅直結です。
https://map.tullys.co.jp/tullys/detailMap?pageLimitCtrl=1&account=tullys&accmd=0&fp=top&key=%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%AE%BF&x=502903.805&y=128488.791&staid=529%40002608&c21=1&bid=476&pgret=1&lscl=4999&lrot=0

毎回面接前にカフェを利用すると費用がかかりますよね。30分くらいであれば、私は外のベンチで待っていました。住友不動産新宿オークタワーの前が少し隠れて座れそうです。また、ジーニーのオフィス内エントランスも自由に座って待つことができます。

近くにコンビニもあるので外で面接まで待機することもできます。新宿駅から西新宿駅まで歩く間にマクドナルドがあるので、費用を抑えたい人にはおすすめです。

感想

私は就活のときに面接会場に迷わずたどり着けるか不安でした。そして場所が分かるとカフェでぎりぎりまで面接準備をしていました。この記事を参考に、20卒の皆さんが落ち着いて面接に挑めると良いなと思います。

 

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

先日のPOSTの通り、企業のミッションをアップデートをしました。合わせてGENIEE のVALUE(行動規範)をアップデートしました。

これまでのGENIEE VALUEは、「事業最適」の観点を重視して、アドテクノロジーの事業を成長させる上で、重視すべき行動を明文化したものでした。GENIEE VALUEEを掲げて6-7年たち、アドテクノロジーの事業は成長しました。お蔭さまで上場もできました。

世界的なテクノロジー企業を創る上で、良い部分、変わった方がいい部分もわかってきました。

今回の変化でまずGENIEE VALUEが、GENIEE Brand Personalityとなり名前が少しおしゃれになりました。

次にジーニーは歴が浅い人も多く、まずはテクノロジーの会社に慣れる必要がある人たちが一定います。その一方で世界的な仕事に挑戦する人たちがいます。そのためジーニー初心者向けの行動規範であるBASICと、世界的な仕事をするためのMASTERに分けました。

こちらがGENIEE Brand Personality BASIC

「当事者意識」「やり抜く」という成長を牽引してきた文化を継承しながらも、

「隣人に親切に」
もし困ってる人を見かけたら助けよう
私たち一人ひとりは完璧ではない。スピード成長する状況のなか、一人ではやり切れない時もある。困ってる人がいたら手を差し伸べよう。助け合って、感謝し合い、良い組織を作ろう。

「心身ともに健康に」
いい仕事をする基礎は健全な精神と身体にある
知的労働は神経を使う。集中力を維持するには、体力が重要だ。毎日、新鮮な頭と身体で働けるよう身辺を整え、健やかな心身を保とう。

などを追加されました。初心者により優しい組織を目指します。

テクノロジー企業として
「顧客価値を生み出す」
「オープンさとフィードバック」
「数字・ファクト・ロジックで考える」
により、新しい顧客価値を生み出し、過去の経験よりも、数字とロジックで議論する文化を明文化しました。

こちらがGENIE Brand Personality MASTER

すべての内容が素晴らしいですが、

本物のチームワーク
強い個が、チームを組むことがいちばん強い
担当分野のスペシャリストとして、相手のことを理解・信頼・尊敬し、摩擦を恐れず、オープンに議論を交わすこと。チームのシナジーは、違いを尊重したコミュニケーションから生まれるもの

ビギナーズマインド
自分の経験に固執しない。全てに気づきはある
日本で正しい事が世界では違う。ビジネスの正解は時代とともに変化する。人は経験を重ねると経験の枠組みやパターンによって、新たな事柄を認識することや興味関心を持つことが難しくなる。毎日を初心者の気持ちで過ごし、あらゆる事から学び、自分を変え続けましょう。

仕事を愛し、こだわり抜く
魂を込めた仕事でしか世界を変えられない
仕事はあなた自身。大切にしよう。細部の細部までこだわろう。圧倒的な熱量で人生の最高傑作をジーニーで生み出そう。

は特にジーニーらしく最高です。

「長期思考」「リスクテイク」「グローバルレベルの仕事」「仕組みを強くする」など一部の人が体現していましたが、これからより多くの人が取り組むことになるでしょう。

一人一人がGENIEE Brand Personalityにのっとって行動し、ジーニーを世界的なテクノロジー企業を一緒に創り上げていきましょう。

ブランドチームの皆さま 10ヵ月以上の検討お疲れ様でした!!

Date
Author
ジーニー代表の工藤です。 工藤智昭

ジーニーのミッション、私たちの存在理由を定義するものとして
「テクノロジーで新しい価値を創造しクライアントの成功を共に創る」を新たに掲げ、
次の10年に向けてスタートします。

上場という契機もあり「次の未来を見据えた新たなミッションを再定義すべきではないか」
という社内デザイナーの提案を発端に、ブランドプロジェクトが発足しました。

ジーニーの存在価値はどこにあるのか。
次の10年どんな企業が社会から必要とされるのか。
私たちは今後何を目指していくか。
昨年夏からはじまったブランドプロジェクトでは、サンフランシスコまで出向き世界的なテクノロジー企業へヒアリングし、社内のメンバーやブランドコンサル企業と何度も議論を重ねてきました。

ジーニーはアドテクノロジーと言われる業界でRTBの技術やビックデータの活用によって広告業界の変革してきました。
昨今、広告業界だけでなくあらゆる産業でAI、Iot、AR/VRや5Gをはじめとするデジタルテクノロジーが、ビジネスに大きな影響を及ぼしています。
ジーニーはテクノロジーの無限の可能性を信じています。
しかしテクノロジーは、そこにあるだけでは意味を成しません。
人がイマジネーションを持って活用する方法を導き出し、
プロダクトを創造してこそ社会を変革する価値が生まれます。
ジーニーは技術から新しい価値を創り出し続ける会社でありたいと考えています。

また、ジーニーはこれまで、協業を大切にしながらビジネスパートナーの皆さまと一緒に成長・成功をしてきました。アジアのたくさんの人々との出会い、お互いを信頼し、何度も一緒に挑戦をしてきました。そうした人々との強い結びつきがたくさんできた事がとても誇らしいですし、ずっと大切にしてきたいと思います。
今後より一層、日本をはじめアジアの企業が変革が求められる中で、ローカルの顧客に寄り添い、ローカルの顧客と一緒に成功をする。
次の10年もそんな会社でありたい。

そんな願いを込めた新たなミッションの下、実現に向けて邁進して行きます。

また、ジーニーは普通の会社以上にたくさんの挑戦と失敗を繰り返してきました。海外の展開も黒字化を果たして、その後も成長を続けています。たくさんの経営の経験が積まれました。

今後はそのような経営のノウハウを社外に提供していこうとも考えています。たとえば、リクルートで行われいた「非連続の事業成長モデル」をジーニーでは実践し高成長を続けてきました。ただ、問題点もあることに気づきました。より長期に渡って成長し続けるために作った「価値創造の成長モデル」に今は移行していっています。

Date
Author
ジーニー代表の工藤です。 工藤智昭

こんにちは、人事の高橋です。

先日マネージャー、部長、本部長の研修を実施いたしました。
レイヤー別研修はやっておりましたが、合同の研修は初めてで、いろいろな気付きがありました。

第一部では、新卒からマネージャーになった2人から育成やチーム作りについてプレゼンをしてもらいました。

1人目は酒井。成果を出していくには部下の育成が不可欠と自身で気づいた中で、ひたすら部下と向き合い自身の育成で意識している7つのことを紹介していました。


<酒井流部下育成の7つの方針>
・自信を付けさせる
・話しを聴く/向き合う
・教わる
・褒める/叱る
・気付かせる
・約束を守る
・何より信じる

どれもとても基礎的なことではありますが、一つ一つ日々出来ているか内省をしているそうです。
また今にたどり着くまで100冊以上もマネジメントの本を読んだというエピソードには地道に努力をしている様子が伺えました。

もう一名は川崎。モチベーション向上に向けてのチャレンジという内容でした。
自分がこの会社に必要な存在であるということを認識させることが大切、そのために必要なものを3つ紹介しています。

<存在意義を感じるために必要な要素>
・明確な役割の認識
・希少性(=プライド)
・周囲からの認知

その人の得意不得意をやりたいことを考慮してミッションを明確にすること、自分たちのチームはこうだよ!と自身のチームの希少性を全体の場でアピールし続けたそうです。まだまだ足りないのでこれからも継続していくということでした。

また、最後の言葉が印象的でした。
「自分たちのチームはモチベーションが低かったのか?そうではないと思っている。組織を良くしていきたい気持ちがあったから、現状に対して怒りがあった。」
それを本気で受け止め、返していかなければということでした。

その後第一部後半には、マネジメント習慣の見直すグループワークを行いました。
目的は最低限のマネジメント品質を自分たちで考え決めること。
各職種のマネージャーとしての基礎行動習慣やスタンスを具体的にリストアップしていきました。次回の研修でも継続して議論していく予定です。

第二部では組織サーベイ結果等から組織の現状把握、課題分析を行いました。
第三部では上記を受け、9期上期の自身の目標を設定。次回の研修でフィードバックを行う予定です。

9期の研修でも継続してマネージャー陣一同でマネジメントの強化に取り組んでいけるよう、頑張ります!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

人事藤本です

学生の皆さん、3月に入り就職活動が解禁になりましたね!
今は様々な企業の説明会にエントリーをしている所ではないでしょうか。


ジーニーも2019年度の新卒採用活動を積極的に行っており、
3月は東京本社での説明会以外でも関西と九州に遠征に行きます。
今年は上場後、初の会社説明になります。
ジーニーのこれまでの軌跡、そしてこれからの成長戦略と、
色々な事をお話しさせて頂ければと思います!

今年も40名弱の新卒を採用予定なので、沢山の学生に会いに行きます!
どうしても都合が合わない場合はSkypeでもお話しさせて頂きます!
興味があったら是非エントリー下さい。
お待ちしております!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、人事の高橋です。

弊社は昨年12月に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。
日頃のご愛顧を込めて上場記念謝恩会を開催させていただきました際の様子をご紹介いたします。

オープニングでは、共にジーニーの歴史を作り歩んでくださった皆様と一緒にこれまでの道のりを振り返るとともに、あらためて代表取締役の工藤から感謝の言葉、ジーニーにとって上場はスタート時点であり、これからも積極的に事業拡大し、企業価値を向上させていく方針を述べさせて頂きました。
その後のフリータイムはお取引先のお客様へ個別にご挨拶へ伺わせていただきました。ささやかながらジーニー社員一同精一杯おもてなしさせて頂きました。
みなさま、いつもありがとうございます。

また、懇親会ではこれまでご支援いただいた企業様に、あらためて感謝の気持ちをお伝えするとともに、当時のエピソード、また今後の期待のお言葉等をいただきました。
今までの皆様からの感謝を胸に、ジーニーは今後も圧倒的な成長を目指します。
引き続きご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム
Back to top