• Home
  • コーポレートブログ Geniee’s BLOG
コーポレートブログ

Geniee’s BLOG

ジーニーは最先端の広告テクノロジーで
顧客の収益を最大化します。

先日のPOSTの通り、企業のミッションをアップデートをしました。合わせてGENIEE のVALUE(行動規範)をアップデートしました。

これまでのGENIEE VALUEは、「事業最適」の観点を重視して、アドテクノロジーの事業を成長させる上で、重視すべき行動を明文化したものでした。GENIEE VALUEEを掲げて6-7年たち、アドテクノロジーの事業は成長しました。お蔭さまで上場もできました。

世界的なテクノロジー企業を創る上で、良い部分、変わった方がいい部分もわかってきました。

今回の変化でまずGENIEE VALUEが、GENIEE Brand Personalityとなり名前が少しおしゃれになりました。

次にジーニーは歴が浅い人も多く、まずはテクノロジーの会社に慣れる必要がある人たちが一定います。その一方で世界的な仕事に挑戦する人たちがいます。そのためジーニー初心者向けの行動規範であるBASICと、世界的な仕事をするためのMASTERに分けました。

こちらがGENIEE Brand Personality BASIC

「当事者意識」「やり抜く」という成長を牽引してきた文化を継承しながらも、

「隣人に親切に」
もし困ってる人を見かけたら助けよう
私たち一人ひとりは完璧ではない。スピード成長する状況のなか、一人ではやり切れない時もある。困ってる人がいたら手を差し伸べよう。助け合って、感謝し合い、良い組織を作ろう。

「心身ともに健康に」
いい仕事をする基礎は健全な精神と身体にある
知的労働は神経を使う。集中力を維持するには、体力が重要だ。毎日、新鮮な頭と身体で働けるよう身辺を整え、健やかな心身を保とう。

などを追加されました。初心者により優しい組織を目指します。

テクノロジー企業として
「顧客価値を生み出す」
「オープンさとフィードバック」
「数字・ファクト・ロジックで考える」
により、新しい顧客価値を生み出し、過去の経験よりも、数字とロジックで議論する文化を明文化しました。

こちらがGENIE Brand Personality MASTER

すべての内容が素晴らしいですが、

本物のチームワーク
強い個が、チームを組むことがいちばん強い
担当分野のスペシャリストとして、相手のことを理解・信頼・尊敬し、摩擦を恐れず、オープンに議論を交わすこと。チームのシナジーは、違いを尊重したコミュニケーションから生まれるもの

ビギナーズマインド
自分の経験に固執しない。全てに気づきはある
日本で正しい事が世界では違う。ビジネスの正解は時代とともに変化する。人は経験を重ねると経験の枠組みやパターンによって、新たな事柄を認識することや興味関心を持つことが難しくなる。毎日を初心者の気持ちで過ごし、あらゆる事から学び、自分を変え続けましょう。

仕事を愛し、こだわり抜く
魂を込めた仕事でしか世界を変えられない
仕事はあなた自身。大切にしよう。細部の細部までこだわろう。圧倒的な熱量で人生の最高傑作をジーニーで生み出そう。

は特にジーニーらしく最高です。

「長期思考」「リスクテイク」「グローバルレベルの仕事」「仕組みを強くする」など一部の人が体現していましたが、これからより多くの人が取り組むことになるでしょう。

一人一人がGENIEE Brand Personalityにのっとって行動し、ジーニーを世界的なテクノロジー企業を一緒に創り上げていきましょう。

ブランドチームの皆さま 10ヵ月以上の検討お疲れ様でした!!

Date
Author
ジーニー代表の工藤です。 工藤智昭

ジーニーのミッション、私たちの存在理由を定義するものとして
「テクノロジーで新しい価値を創造しクライアントの成功を共に創る」を新たに掲げ、
次の10年に向けてスタートします。

上場という契機もあり「次の未来を見据えた新たなミッションを再定義すべきではないか」
という社内デザイナーの提案を発端に、ブランドプロジェクトが発足しました。

ジーニーの存在価値はどこにあるのか。
次の10年どんな企業が社会から必要とされるのか。
私たちは今後何を目指していくか。
昨年夏からはじまったブランドプロジェクトでは、サンフランシスコまで出向き世界的なテクノロジー企業へヒアリングし、社内のメンバーやブランドコンサル企業と何度も議論を重ねてきました。

ジーニーはアドテクノロジーと言われる業界でRTBの技術やビックデータの活用によって広告業界の変革してきました。
昨今、広告業界だけでなくあらゆる産業でAI、Iot、AR/VRや5Gをはじめとするデジタルテクノロジーが、ビジネスに大きな影響を及ぼしています。
ジーニーはテクノロジーの無限の可能性を信じています。
しかしテクノロジーは、そこにあるだけでは意味を成しません。
人がイマジネーションを持って活用する方法を導き出し、
プロダクトを創造してこそ社会を変革する価値が生まれます。
ジーニーは技術から新しい価値を創り出し続ける会社でありたいと考えています。

また、ジーニーはこれまで、協業を大切にしながらビジネスパートナーの皆さまと一緒に成長・成功をしてきました。アジアのたくさんの人々との出会い、お互いを信頼し、何度も一緒に挑戦をしてきました。そうした人々との強い結びつきがたくさんできた事がとても誇らしいですし、ずっと大切にしてきたいと思います。
今後より一層、日本をはじめアジアの企業が変革が求められる中で、ローカルの顧客に寄り添い、ローカルの顧客と一緒に成功をする。
次の10年もそんな会社でありたい。

そんな願いを込めた新たなミッションの下、実現に向けて邁進して行きます。

また、ジーニーは普通の会社以上にたくさんの挑戦と失敗を繰り返してきました。海外の展開も黒字化を果たして、その後も成長を続けています。たくさんの経営の経験が積まれました。

今後はそのような経営のノウハウを社外に提供していこうとも考えています。たとえば、リクルートで行われいた「非連続の事業成長モデル」をジーニーでは実践し高成長を続けてきました。ただ、問題点もあることに気づきました。より長期に渡って成長し続けるために作った「価値創造の成長モデル」に今は移行していっています。

Date
Author
ジーニー代表の工藤です。 工藤智昭

こんにちは、人事の高橋です。

先日マネージャー、部長、本部長の研修を実施いたしました。
レイヤー別研修はやっておりましたが、合同の研修は初めてで、いろいろな気付きがありました。

第一部では、新卒からマネージャーになった2人から育成やチーム作りについてプレゼンをしてもらいました。

1人目は酒井。成果を出していくには部下の育成が不可欠と自身で気づいた中で、ひたすら部下と向き合い自身の育成で意識している7つのことを紹介していました。


<酒井流部下育成の7つの方針>
・自信を付けさせる
・話しを聴く/向き合う
・教わる
・褒める/叱る
・気付かせる
・約束を守る
・何より信じる

どれもとても基礎的なことではありますが、一つ一つ日々出来ているか内省をしているそうです。
また今にたどり着くまで100冊以上もマネジメントの本を読んだというエピソードには地道に努力をしている様子が伺えました。

もう一名は川崎。モチベーション向上に向けてのチャレンジという内容でした。
自分がこの会社に必要な存在であるということを認識させることが大切、そのために必要なものを3つ紹介しています。

<存在意義を感じるために必要な要素>
・明確な役割の認識
・希少性(=プライド)
・周囲からの認知

その人の得意不得意をやりたいことを考慮してミッションを明確にすること、自分たちのチームはこうだよ!と自身のチームの希少性を全体の場でアピールし続けたそうです。まだまだ足りないのでこれからも継続していくということでした。

また、最後の言葉が印象的でした。
「自分たちのチームはモチベーションが低かったのか?そうではないと思っている。組織を良くしていきたい気持ちがあったから、現状に対して怒りがあった。」
それを本気で受け止め、返していかなければということでした。

その後第一部後半には、マネジメント習慣の見直すグループワークを行いました。
目的は最低限のマネジメント品質を自分たちで考え決めること。
各職種のマネージャーとしての基礎行動習慣やスタンスを具体的にリストアップしていきました。次回の研修でも継続して議論していく予定です。

第二部では組織サーベイ結果等から組織の現状把握、課題分析を行いました。
第三部では上記を受け、9期上期の自身の目標を設定。次回の研修でフィードバックを行う予定です。

9期の研修でも継続してマネージャー陣一同でマネジメントの強化に取り組んでいけるよう、頑張ります!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、人事の高橋です。

10月1日(日)は2018年度入社の新卒内定式と研修を行いました。
総勢35名のメンバーが、晴れやかな表情で参加してくれました!
その様子をご紹介します。

当日は、午前中に内定式を実施。
代表の工藤から、社会人としての心構えとして、
・若さを生かし多くのことを吸収して、難しいことでも何とかしてやり切ることを意識しましょう。やり切ることで、大きく成長し続けてくれるのを期待しています。
・私はいつも困難な道を選択してきたのですが、今では良かったと思っています。いつも困難な道を選んでいると、難しい課題にぶつかっても簡単に思えるようになります。
というメッセージがありました。

また、CTO篠塚からは、
・自分の「ものさし」を持ちましょう。そのためには、準備や経験・勉強が必要です。
・ジーニーには、機会がたくさん転がっています。その機会をいつでも掴み活かせるよう、自分自身の準備をしておきましょう。
というお話をしました。

その後、一人ひとりに内定証書の授与し、入社後の抱負を発表してもらいました。

抱負では、「世界一の組織を作るためにここに来ました」という話も!
本当に入社が待ち遠しいです。

第二部は研修でした。代表工藤、人事、事業本部長など総出で実施!
研修のグループワークでは、GenieeValueについて考えてもらいました。

ジーニーの文化や社会人としてのスタンス研修を踏まえて、次回1月の研修で発表するでグループワークにおいてどんなことを目標として取り組むのかを議論中。
みんな熱く、真剣です!

最後は懇親会で現場社員も交えて交流です。

内定者同士や社員とも、交流を深めていただけたのではないでしょうか。
次回研修では、今回出された課題を内定者が発表予定です。どんなアウトプットが出てくるか今から楽しみです!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、人事の高橋です。

先日、中途採用エージェント様向けの説明会を実施いたしました!
実は数年ぶりの開催となります。

想定人数をはるかに超え、多くの採用エージェント様にお集まりいただきましたこと、この場をかりて、心より感謝申し上げます。
その際の様子をご紹介したいと思います。

この説明会のテーマは「直近のジーニーの事業状況や、文化や雰囲気といった社内の状況、そして採用活動のリアルな状況を伝えたい」ということ。

まずは採用フロント担当の見並より直近の事業状況を説明させていただきました。
ジーニーの沿革、直近の売上、プロダクト、事業・技術面の他社比較、海外事業、経営の仕組み・サイクルなどをお伝えしました。
中には、過去のターニングポイント、社運をかけてプロダクトをフルリニューアルしたことなど、「ぶっちゃけ話」なお話も。

次に文化や社内施策の説明を田村から。
社名の由来、高い志を持ったプロフェッショナル集団でありたいこと、ジーニーの文化や社内の取り組みをついてお話ししました。

ジーニーの文化であるGenieeValueの体現エピソード、活躍人材の話ではこんな話も。
・座席でも立ち上がって議論がすぐ始まる
・壁がホワイトボードになっておりそこに図を描きながら議論が始まる
・エンジニアたちが通常業務をしながら世界基準の機能を新に開発をしたら格好良くない?と言って本当に開発、リリースに至った話, etc.

また、入社者フォローのためのFirst 90Days Programsや上司部下との1on1、13職種の必須スキルを明文化した新人事制度など、独自の取り組みや研修プログラムをご紹介しました。

最後に藤本より採用状況説明と、取締役廣瀬も参加し、質疑応答を行いました。
採用の状況は、ポジションごとの採用活動の進捗状況、ジーニーの採用手法、選考フローにおける実際の通過率、合格理由・不合格理由など、リアルな状況をお伝えしました。

廣瀬からは、なぜ世界を目指すのか、競合他社と比べた際の優位点、圧倒的なシェアを取っていける理由、各ポジションの方にはどういった期待をして募集をしているか、などをお話ししました。

ジーニーでは中途採用を強化しており、エージェント様とも良いリレーションシップを築いていければと考えています。
また、今回の反省点を活かし、次回につなげてまいります。

今後は定期開催していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

採用情報はこちらから
採用エージェント様で専用管理ツールのIDをお持ちでない方はrecruit@geniee.co.jpまでご連絡をお待ちしています!

 

 

 

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは!人事の中里です。
先日、2018年4月入社予定の内定者向けに懇親会を開催しました。

ジーニーでは、2013年卒から新卒採用を行っていて、
年々採用数を増やしています。
今回の懇親会にも、30名超の内定者にご参加いただきました。

今から入社がとっても待ち遠しい、18新卒の皆さんの様子をご紹介します!

冒頭での、人事マネージャー高橋からの挨拶の場面。
皆さん真剣な眼差しで聞いています。
高橋からは、内定承諾の御礼や、最新の会社・事業状況、弊社の行動規範である「GENIEE VALUE」についてなどをお話しました。

今後の研修やイベントについてのご案内。
ジーニーでは、入社後はもちろんのこと、入社前の研修・イベントも手厚く行っています。
皆さんが少しでも不安なく入社の日を迎えられるように、また1日でも早く活躍してもらえるように全力でサポートします!

内定者の自己紹介の様子です。研究内容、部活動やサークルについて、趣味など、自由に話してもらいました。
「会社を世界一にするくらい頑張る」という所信表明があったり、音楽・ゲーム・スポーツなどの趣味の話があったりと、とても個性豊かな自己紹介でした。

このあとは、現場社員もまじえて食事会を行い、席替えなどもはさみながらタテ・ヨコの関係を深めました。
活発なコミュニケーションの中で、入社後の期待に満ちた会話が四方から聞こえてくる様子がとても印象的でした。

このイベントは、18新卒の内定者にとって、初めて同期と一同に会し、先輩社員との懇親を深められる機会でした。

私自身、初めての新卒採用・初めての内定者向けイベント開催企画で、
どうしたら内定者に少しでも楽しんでもらえるか、入社までの不安を少しでも軽減するために人事として何ができるか、そんなことを考えながら企画や準備をしていました。

今回、ほぼ全員が集まってくれたことに感動し、
内定者同士が自己紹介で同じ趣味を見つけたり、先輩社員にリアルな質問をしたりしている様子を見て、とても嬉しかったです。

内定承諾をしてくれた18新卒の皆さんには本当に感謝しているとともに、一緒に働けることを心から楽しみにしています。
今後も、アジアNo.1・世界No.1の実現に向けて、内定者の皆さんのフォローも全力で行っていきます!

いかがでしたか?
ジーニーでは、新卒採用に力を入れているのはもちろんのこと、
イベントや研修も充実しています。

ジーニーの採用情報が少しでも気になる方は是非
こちらからエントリーをお待ちしています!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは!人事の藤本です。

採用活動の中で候補者の方々から「福利厚生の家賃補助制度を使っている人はどれくらいいるんですか?」という質問を多く頂きます。そこで!実際にどれくらいの人がこの制度を使っているか、どんな所に住んでいるのか調査してみました!

※家賃補助制度について
会社の最寄り駅から3駅以内に住んだ場合、月30,000円の手当を支給します。

Q1:どれくらいの人が家賃補助制度を利用しているの?

家賃補助制度利用率

社員の半分以上の人が家賃補助制度を利用しています。特に、ジーニーは全社員の3分の1が新卒入社という事と、都内は家賃が高いので新入社員のほとんどがこの制度を使っています。

Q2:みんなどのあたりに住んでいるの?

1位:中野区 39.5%
2位:新宿区 26.3%
3位:渋谷区 14.5%

オフィスのある新宿区ではなく、中野区が1位という結果でした。最寄り駅の丸の内線西新宿駅からアクセスが良いことが人気の理由のようです。実際に住んでいる人に聞くと
・商店街を中心に郵便局、銀行、飲食店も色々あって便利
・子育て支援が充実していて、家族持ちも住みやすい
・治安も交通の便も良い
といった事も人気の理由のようです。

Q3:近隣に住んで良かった事は?
1位:通勤のストレスが軽減された
2位:新宿周辺には美味しくてお洒落なごはん屋さんが多い
3位:早く帰れる分、プライベートの時間を確保できる

満員電車のストレスや、前の日が遅くてもゆっくりできるという事で、通勤のストレスが軽減されるという回答が多かったです。

いかがだったでしょうか?家賃補助制度は、今の西新宿オフィスに移転する前の六本木オフィスの時にできたものです。当時、移動時間や通勤ストレスを軽減する為に、六本木オフィスの近くに住む社員が多かったそうです。当然六本木周辺の家賃は高く、そういった人達をフォローしようという想いで始まったのが、この制度です。ジーニーでは、社員が仕事に集中し、自身の成長と会社の成長をリンクさせる事ができる環境を大切にしています。ジーニーでは、引き続き、社員全員がイキイキと仕事に取り組める環境を整えていきたいと考えています。

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

昨年から始まった社内表彰制度「ベストジーニスト」。
これまでの2名のベストジーニストを称える盾が、オフィスのラウンジに掲出されました。

前年の取り組みが、ジーニーの行動規範である9つのValueを体現していた社員にその称号が授与されます。毎年、社内投票で選ばれ、ベストジーニストとして全社会議で表彰されます。


【Geniee Value】 詳しくは、こちら
Commitment コミットメント
Customer Value 長期的な顧客価値の追求
Teamwork チームワーク
Compliance コンプライアンス
Cost コスト削減
Professional 専門性
Positive Thinking 困難を楽しむ
Speed 最速を目指す
Best Place ジーニーらしい職場を創る

ベストジーニストの取り組みが、ほかの社員の記憶に残り、継承され、さらに自分事化されていくことを願い、このような盾を飾ることになりました。この盾の制作に携わったデザイナーは、Valueに則り、”Cost”を意識しながらもクオリティを下げないよう企画。地球を表すジーニーのロゴマークを、受賞者の個性が出るように配置し、楽しくインパクトのあるデザインに。これから毎年ベストジーニストの盾が増えていき、ジーニーの歴史を刻んでいくことでしょう。

今年度も第2四半期がスタートしました。ジーニーでは、社員の一人ひとりが、日々このValueを意識しながら業務に取り組んでいます。会社を成長させるべく、みなが同じ方向に向かって前進していくため、この行動規範をとても大切にしています。

ちなみに、盾の右下に掲示されているのは、「Valueカード」です。
9つのValueを体現した取り組みを称賛したいときに記入して社内設置のBOXに投函します。気軽に「ありがとう」の気持ちを伝えるカードとしても活用されています。

こんな社員同士で称賛し合う文化を大切にしているジーニーで、一緒に働いてみませんか。
気になる方はぜひこちらからエントリーを。お待ちしています!

こんにちは!人事の田村です。
2017年4月入社の新卒メンバー向けに初めての工藤塾が開催されましたので、レポートします!

ジーニーでは3ヶ月に一度、新卒の社員(1年目、2年目)を対象とした工藤塾が開催されます。
代表取締役の工藤から事前に課題を提示され、当日までに取り組み、その内容を発表します。

開催10分前、社長の工藤から受ける研修ということで、少し緊張した面持ちで皆さん集まって来ました。
課題の確認や、他部門の同期と会話をしながら開始を待ちます。

今回は、「伝説の新人」「藤田晋の成長論」のどちらかを読み、
【3年後の人物像】と【目指す人物になるための具体的行動内容、習慣化すること】を発表するという課題でした。

実際に発表していた内容を一部簡単に紹介します。

◆営業/女性社員
グローバルな環境で働いていたい。
今は知識もスキルも経験も無いが、毎日5時半に起きて読書をする習慣を作ることからはじめ、
経験を養えるようチャンスがあれば積極的に手を挙げるようにしていく。
仕事力を高め、前年比200%の成長を続けて、グローバルな環境に挑みたい。

◆営業/男性社員
マネージャー以上になり101億円の売上を創出するチームを創りたい。
現状の個人売上では、事業本部の1.6%しか貢献できていないが、当事者意識を身につけるために目標の2倍の行動計画を立てる。
目の前に転がる仕事を自分のものだと思って取り組む。

◆企画担当/男性社員
周りを巻き込める人になりたい。
自分でプロジェクトを回してみて、自分だけでは何も進まないことを実感したため、周囲の人から協力したいと思ってもらえるように、
ひたすら相手に価値を提供し、ギブ&ギブを意識して行動する。
求められる期待値を正しく理解することや、チームやプロジェクトで起こることを他責にしないよう、素直に自身のミスだと捉えていく。

一人ひとりの発表内容に対し、社長の工藤からコメントがあり、皆仲間の発表時にも真剣にメモを取っていました。

全員の発表が終わると、工藤から総括があります。
今回も、新卒の皆へアドバイスがたくさんありました。

・振り返る習慣をつけること
工藤は社会人になってから今まで毎日日記を一言付けている。
その日の気付きや見つけた課題を1つでも振り返って記載すると、毎日成長を続けられる。

・運動の習慣をつけること
体力がある人は30歳を越えても忙しくても元気に働くことが出来る。
戦うことが出来る体を作ることは、とても大切なこと。

・成長ベンチャーでチャンスを掴むために
成長ベンチャーでよく起こることとして、事業の成長スピードに個人の成長が追いつかなくなることがある。
大きな機会が来ても、対応できる人が不足することがある。
新卒でもバッターボックスに立つチャンスは来るから、今から準備をすること。

・社会人の人生は長い
本の通りやっても上手くいかないことの方がたくさんある。
失敗しても前を常に向いていられるように、自分のことを信じてくれる人を大切にして、繋がっていること。
友達でも、親でも、社内の知り合いでも良い。

初めての工藤塾でしたが、仲間の発表、そして工藤からのフィードバックにより、たくさんの気付きを得たようです。

3日間で33名の発表内容を聞きましたが、緊張しながらも高い目標を社長の目の前でコミットする姿に、頼もしさを感じました。
3年後の理想が実現するよう、応援していきます!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム

こんにちは、人事の高橋です。

今回はジーニーの「朝」を取り上げます。
朝、社内を歩いていると、あちらこちらで輪になって話しているチームを見かけます。これらは現場発信で始まった朝会です。なぜ朝会を始めたのか背景と効果を聞いてみました。

<アド・プラットフォーム事業本部 営業部>

営業部は隣のチームの朝会を見て、良い習慣だなと思った部長の戸田からの発信で始まりました。
新卒の数も多く、外出などもあることから、全員とコミュニケーションを取る時間を確保したい、前日の質問事項や不明点(特に新卒メンバーの)をなる早で解消したい、メンバーの一日の行動を確認し、時間的余裕がある人がいたらサポートし合いたい、などの考えから始めたそうです。

朝会の実施効果としては、情報共有・業務共有により、抜け漏れが減少している点と、部内のコミュニケーション活性化、チームワークの向上が挙げられるそうで、撮影でお邪魔している間も笑顔の絶えない朝会でした!

続いてこちらは、LAMP(GenieeDSP)オペレーショングループの朝会です。

<アド・プラットフォーム事業本部 オペレーション部 LAMP(GenieeDSP)オペレーショングループ>

朝はまずチームで挨拶から始めたい、というシンプルなきっかけで、始業のルーティンとして始めたそうです。
共有やコミュニケーションの場として運用数字の話はもちろん、業界のトレンド共有などをお互いの表情を見ながらできているそうです。

最後にご紹介するのはこちらのチーム。

<アド・プラットフォーム事業本部 第二メディア部 メディアパートナーグループ3>

新卒社員の加入に伴って、1日の行動設計を自律的に実施できるよう指導するにあたり、朝会が良いきっかけになると考えてのスタートでした。
また、こちらのチームでは毎晩振り返りも実施し、その日の疑問点の解消と計画-実践のGAPを認識してもらうようにしているそうです。

四半期、1カ月ごとの個人計画から遡り、1日ごとの行動計画を考えさせることで徐々にタスクの優先順位を自分で決められるようになったかな?と感じているそうです。
スタート当初は、言われたことをただただ消化していくスタンスが目立ちましたが、徐々に優先順位を決めねば!というスタンスに移行しているように感じているとのこと。

キャリアやスキル、バックグラウンドなど、様々な人が一緒に働く中で、コミュニケーションはとても重要です。
そんなシンプルな気付きから、朝会を実施しているチームが他にもたくさんあります。

朝会をはじめ、ジーニーでは自発的にさまざまな取り組みをスタートできる環境があります。

ジーニーでは一緒に働く仲間を求めています。気になる方は是非こちらからエントリーをお待ちしています!

Date
Author
社風やジーニーでの働き方などをご紹介していきます。 ジーニー人事チーム
Back to top